株式会社tayo
~東大博士号取得の若き研究者が創業~
研究者の多様なキャリアを支援するプラットフォームを運営し、科学立国日本の再興を、学術×広告×ITで実現することを目指すスタートアップ企業の株式会社tayo(神奈川県 代表取締役:熊谷 洋平)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2022年8月13日(土)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
*弊社はエンジェル税制(タイプA)適用確認企業です。
研究者の多様なキャリアを支援するプラットフォームを運営し、科学立国日本の再興を、学術×広告×ITで実現することを目指すスタートアップ企業の株式会社tayo(神奈川県 代表取締役:熊谷 洋平)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2022年8月13日(土)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
*弊社はエンジェル税制(タイプA)適用確認企業です。
【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/399
株式会社tayoが提供するサービス「tayo(タヨウ)」は、アカデミアにおける人材交流プラットフォームです。具体的には、研究職に特化した求人広告プラットフォームの運営や、大学院生や若手研究者向けの副業・インターンの仲介、メタバース(3次元仮想空間)を用いた学術交流イベントの開催、アカデミア領域に特化したメディアの運用などを通して、大学などの研究機関や民間企業間での人材流動を活発にし、研究者が民間でもアカデミアでも自分の価値を発揮できる社会作りを目指しています。
この度、営業・マーケティング人員の拡大および職業紹介事業社登録などを目指し、2022年8月4日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2022年8月13日~2022年8月22日、上限とする募集額は 40,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。
tayoの強みは、研究開発領域において大学とのネットワークが強い優位性を持つことです。サービスを利用してもらいやすいよう大学の求人投稿は無料としてきました。その結果、現在では国内外約80校の大学、250ヶ所以上の研究室、350人以上の大学教員に登録いただいています。これらはいずれも研究者や大学院生を積極的に募集している、国内トップ層の研究室です。研究室の登録の増加に合わせて学生登録者は増加しているので、今後は営業・マーケティングチームを確立し、サービスを拡充させていきたいと考えています。
また、CTOを中心とした強い開発体制があることも弊社の強みとなります。「tayo.jp」のプラットフォームはUI/UXへのこだわりはもちろん、テストやデプロイの自動化、Terraformを用いたインフラのコード化など完成度の高いシステムを構築しています。また、役員2名がそれぞれ上場企業において機械学習エンジニア/フロントエンドエンジニアとして勤務した経験を活かし、将来的な機能追加やユーザーの増加、機械学習の活用や外部サポート連携などを見越した設計を行っています。今後もCTOを中心とした現在の開発体制を維持し、コストは最小限に抑えつつ、機械学習を用いたレコメンドシステムや自動化されたマーケティング、メタバースシステムとの連携の強化など、テクノロジーを活用したサービス開発に取り組んでいきます。
今後は、まず各大学や研究室との連携を強化し人材プールの拡充を目指すとともに、営業人材を充実させ、大手企業も開拓する予定です。また、長期的には研究室や研究者のリソースをもとに、産学連携の仲介や研究開発のコンサルティングなど段階的にサービスを横展開していくことで企業として成長してまいります。
■会社概要
・会社名:株式会社tayo
・所在地神奈川県横浜市金沢区能見台東1-7 K-SQUAREビル101
・代 表:熊谷 洋平
・設 立:2019年5月
・事業内容:アカデミア向け求人プラットフォームtayo.jpの開発及び運営、高校・大学・専門学校等の工法に関するコンサルティング業務、webメディアの開発及び運営、インターネットでの広告業及び広告代理店業など
URL : https://company.tayo.jp/