産経ニュース

写真詳細 - 産経ニュース

ニュース プレミアム

【戦後70年 遠きインパール(中)】「白骨街道」助けられなかった戦友 「指の1本しか持って帰られなかった」

更新 【戦後70年 遠きインパール(中)】「白骨街道」助けられなかった戦友 「指の1本しか持って帰られなかった」

ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の銃器や弾薬。中央に見えるのは英軍のブレン軽機関銃とみられ、日本軍が奪い取り、そのまま使用していた可能性がある=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)

ニュース写真

  • インド国境に近いミャンマー・チン州で見つかった日本軍の手榴弾。現地の住民は、分解してランプとして使っていた=3月20日(豊吉広英撮影)
  • かつて日本兵が切り開いたとされるインド・インパールへ続く道=3月20日、ミャンマー・チン州(豊吉広英)
  • かつて日本軍の野戦病院があったとされるトゥイ・キアン村では、戦車の一部とみられる鉄塊が洗濯物の洗い場として使われていた=3月20日(豊吉広英撮影)
  • 山腹には、かつて日本兵が切り開いたとされるインド・インパールへ続く道が見える=3月20日、ミャンマー・チン州(豊吉広英撮影)
  • インパール作戦に従軍した小口和二さん=4月、東京都新宿区(野村成次撮影)
  • ビルマ戦線で戦った父の遺志を継ぎ、巡礼団を組織して毎年ミャンマーへ渡っている稲葉修一さん=4月、茨城県常総市(豊吉広英撮影)
  • ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の銃剣や弾薬、水筒など=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)
  • ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の弾薬。専門家は、九七式中戦車で使っていた57ミリの戦車砲弾の可能性があるという=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)
  • ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の弾薬。専門家は、九七式中戦車で使っていた57ミリの戦車砲弾の可能性があるという=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)
  • ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の銃器や弾薬。手前に見えるのは英軍のブレン軽機関銃とみられ、日本軍が奪い取り、そのまま使用していた可能性がある=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)
  • ミャンマー・チン州で見つかった日本軍の銃器や弾薬、鉄兜など=3月20日、ミャンマー・ティディム(豊吉広英撮影)