PR

ニュース プレミアム

25人で送別会も 職員2千人超が自粛しなかった大阪府市

大阪府職員が「ルール違反」の会食をしていたことを陳謝する吉村洋文知事=4月27日、府庁
大阪府職員が「ルール違反」の会食をしていたことを陳謝する吉村洋文知事=4月27日、府庁
その他の写真を見る(1/2枚)

 緊張の後は、誰しも気が緩む。とはいえ、新型コロナウイルス下で1月からの緊急事態宣言の解除後に発覚した大阪府市職員による「ルール違反」の不適切会食は、いま振り返っても衝撃的だ。府市の調査によると、申告した職員は実に計2356人。吉村洋文知事の足元で府民に自粛を求める側の甘すぎる認識が招いた不祥事は、府が今後打ち出す感染症対策への影響を考えると軽くない。

「4人まで」ルール逸脱

 「許されない行為で、厳正に対処したい。あってはならないことだ」。府市による不適切会食の調査結果が公表された4月27日、吉村氏は記者団に厳しい表情でこう語った。

 発端は4月3日。大阪市の発表により、3月26日に高齢施設課の職員9人が焼き肉店で送別会を開き、2人が感染したほか、河川・渡船管理事務所などの職員5人も同日、居酒屋で会食し、3人が感染したことが分かった。

 4月6日には府大阪自動車税事務所でも不適切会食が判明した。3月31日に2件の送別会を開き、7人ずつ計14人が参加。6人のクラスター(感染者集団)を含む計7人が感染した。

 これらの会食は、いずれも2度目の緊急事態宣言が解除された3月1日以降のことだ。ただ府は解除後の感染再拡大を警戒し、同日から大阪市内の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請。府民にも、4人以下のマスク会食の徹底と歓送迎会などの自粛を求めていた。

午前1時まで飲食も

 府が3月1日~4月6日の期間に「5人以上」または「大阪市内の飲食店で午後9時以降」に会食したかを記名式アンケートで尋ねたところ、知事部局の職員約1万300人のうち部長級1人を含む332人が、府教委では約1万4千人のうち413人が該当した。

 市の聞き取り調査では、3月1日~4月4日の間に不適切会食をしていたのは市長部局の職員が1164人、市教委で447人に上った。

その他の写真を見る(2/2枚)

 これらは延べ人数ではなく実数だ。府でいえば知事部局も府教委もそれぞれ調査対象者の3%程度だが、吉村氏は「感染対策の徹底をお願いする職員がルールに反していた。深くおわびする」と頭を下げた。

 市では局長級幹部4人が「5人以上」の会食をしていたほか、水道局の送別会には1回の会食で最多となる25人が参加していたことも明らかになった。午前1時まで続いた会合もあった。松井一郎市長も「市民に制約をお願いしながら役所の人間が守らず信頼を失った。申し訳ない」と謝罪に追われた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ