PR

ニュース プレミアム

驚異の繁殖力で果樹食い荒らす外来カミキリの駆除に本腰

和歌山県かつらぎ町で見つかったクビアカツヤカミキリ(県提供)
和歌山県かつらぎ町で見つかったクビアカツヤカミキリ(県提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大繁殖しバラ科の樹木を枯死させる恐れのある特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」駆除に向け、果樹王国・和歌山県が本格的な研究に着手した。環境省の許可を得て今年3月、専用の屋外実験室を果樹生産地にある研究所内に開設。成虫が活動を始める6月ごろから農薬の有効性や防護資材の効果を検証していく計画だ。こうした専用の実験施設は全国的にも珍しいといい、県の担当者は「バラ科の果樹を守るため対策方法を確立したい」としている。 (前川康二)

自然に近い環境で

 クビアカツヤカミキリは中国やモンゴル、朝鮮半島などが原産地の昆虫。平成30年1月、外来生物法で特定外来生物に指定され、販売や飼育、運搬などが禁止されている。

 その駆除に向けた屋外実験室が今年3月、カキやモモなどの「フルーツ王国」をアピールする和歌山県紀の川市の県果樹試験場かき・もも研究所に完成した。

 駐車場の一角に20平方メートルほどの施設として開設。天井を含め、全体が目の細かい網で覆われている。内部への小動物などの侵入を防ぐためコンクリートで床を高くし、出入り口も鍵付きの2重扉にしてある。

クビアカツヤカミキリ駆除に向け、和歌山県が開設した屋外実験室と弘岡拓人研究員=同県紀の川市
クビアカツヤカミキリ駆除に向け、和歌山県が開設した屋外実験室と弘岡拓人研究員=同県紀の川市
その他の写真を見る(2/3枚)

 今後は、成虫を捕まえてこの実験室で飼育。果樹の成木も使い、農薬の殺虫効果の継続性や、表面に薬剤を塗るなどして産卵しにくくした防虫資材の効果などを検証していく。

 これまで研究所が屋内で実証してきた薬剤の散布効果の確認などを、屋外で実証できる利点があり、弘岡拓人研究員は「自然に近い環境で効果を検証できる」と今後の研究の進展に自信をみせる。

被害拡大、廃園した果樹園も

 クビアカツヤカミキリの特徴は、強い繁殖力だ。雌1匹が日本の在来カミキリ類の10倍とされる約千個の卵を産む。成虫になると、すぐに繁殖を開始。幼虫は幹の深くに潜行するため、捕獲が難しい。現状では効果的な駆除方法は確立されておらず、被害を受けた果樹は根元から伐採するしかないという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ