PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】進む就活の早期化! やりたいことを探すポイントとは

スーツ姿で企業説明会の会場に入る学生ら=3月1日、大阪市住之江区(須谷友郁撮影)
スーツ姿で企業説明会の会場に入る学生ら=3月1日、大阪市住之江区(須谷友郁撮影)

 あくまで「職業体験の場」であり、これまで採用選考に直結しないことが前提だったインターンシップが変わりつつあります。インターン直結型の採用は既にIT企業や外資系企業を中心に導入が広がっていましたが、今後は多くの日系企業で進むことが予想されます。

 事実、今年から大学院生限定ですがインターン後に直接採用できるようにする動きが出ています。就職活動のスケジュールが形骸化していることを考えると、インターンシップからの採用についても多くの企業がルールを守らず、大学院生だけでなく大学生を直接採用する企業が増えることは間違いないといえるでしょう。このことからも大学3年生になった頃には、行きたい企業や業界が定まっていないといけない時代が到来したといえるかもしれません。

 そもそも「やりたいこと」が分からないので、行きたい企業や業界を定めるのは難しいと感じる学生は多いでしょう。そこで、今回は「やりたいこと」を探す上でのポイントをお伝えしたいと思います。

 一つ目は、「最初は具体的で明確である必要はない」ということです。具体的に考えたくても働くイメージが湧かない段階では考えても答えを出すのは難しいものです。最初は抽象的でも構いませんのでやりたい方向性を決めるつもりで考えてください。そして、抽象的でも自分なりの答えが出てきたら、そこから具体化するようにしてください。

 二つ目は、「現実的である必要はない」ということです。子供の頃、スポーツ選手になりたい、お医者さんになりたいなど、漠然と描いていたやりたいことがあったはずです。しかし、周囲から「そんなの無理」「現実的じゃない」と言われてしまい、また自分でもそう思い始めて、いつの間にか諦めてしまった夢はないでしょうか。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ