PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(687)陛下、皇居で稲の種もみまかれる 愛子さま、入学式の映像をご視聴

皇居の生物学研究所脇にある苗代に種もみをまかれる天皇陛下=6日午前(宮内庁提供)
皇居の生物学研究所脇にある苗代に種もみをまかれる天皇陛下=6日午前(宮内庁提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 天皇陛下は神武天皇の命日とされる3日、皇居・皇霊殿で、「神武天皇祭皇霊殿の儀」と「皇霊殿御神楽(みかぐら)の儀」に臨み、拝礼された。その後、お住まいの赤坂御所で皇后さまとともに、御神楽の儀が終了する深夜まで慎み深く過ごされた。5日には赤坂御所で、「賢所勤労奉仕団」として祭祀(さいし)を手伝った14人と面会し、ねぎらわれた。

 陛下は6日、皇居内の生物学研究所脇にある苗代にうるち米の「ニホンマサリ」ともち米の「マンゲツモチ」の種もみをまかれた。皇居での稲作は昭和天皇から続く恒例行事で、陛下が種もみをまかれるのは昨年に続き2回目。陛下は白っぽいジャンパーに紺色のズボン、運動靴姿で苗代の前にしゃがみ、小さなかごに入った種もみを均等になるよう少しずつ丁寧にまかれた。

 育った稲は陛下が5月に田植えをし、秋に稲刈りをされる見通し。収穫された米は、全国の農家から納められた米とともに11月の新嘗祭(にいなめさい)に供えられるなど、宮中祭祀にも使われる。

 陛下は8日午前、皇居・宮殿で、アイスランドの新任駐日大使の信任状捧呈式に臨まれた。午後には同じく宮殿で、札幌高検検事長と名古屋高裁長官、ナイジェリアの赴任大使の認証官任命式に臨まれた。

 天皇、皇后両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは3日、赤坂御所で、在籍する学習院大(東京都豊島区)の新2年生を対象とする入学式にオンラインで参加された。愛子さまが入学された昨年の入学式は新型コロナウイルスの影響で中止となっており、今年度の新入生の入学式に合わせて、1年遅れで行われた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ