PR

ニュース プレミアム

汚染区画に看護師詰所か 新型コロナ病床をめぐり内紛の旭川医大病院

旭川医大病院1階に新型コロナウイルス感染者用病床を新設するため、旭川市保健所に提出された改修後平面図の写し(寺田理恵撮影)
旭川医大病院1階に新型コロナウイルス感染者用病床を新設するため、旭川市保健所に提出された改修後平面図の写し(寺田理恵撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 旭川医科大病院(北海道旭川市)が昨年11月に新設した新型コロナウイルス感染者用病室の区画が「不完全」とされたまま施錠されている。感染者が利用する区画内にナースステーション(看護師詰所)があるなど感染防止対策が不十分との声があるためだ。同大では昨年11月の軽症患者受け入れをめぐる学長と病院長の意見対立が内紛に発展し、当時この病室が使用可能だったかどうかが争点化している。受け入れは可能だったのか。(寺田理恵)

動線分離が困難

 問題のコロナ病室は1階に新設した4人部屋と個室の計5床。旭川医大によると、内装工事に522万円を支出し、医療機器購入にはコロナ病床確保を目的とした北海道の補助金1940万円を充てた。

 内部は一部職員しか知らされていない。市保健所に提出された図面によると、感染者が滞在する汚染区画と、それ以外の清潔区画を仕切り壁で分けたとみられる。清潔区画に設けるのが原則の看護師詰所は、汚染区画の中央に配置。このため感染者は病室からトイレに行く際、看護師詰所の前を通らねばなければならず、医療スタッフと感染者の動線の分離が困難な構造が読み取れる。

 また、汚染区画をエレベーターホールなどと遮断するための仕切り壁2カ所は、上部に50センチの隙間が空いていると記載されていた。関係者によると、病室にはウイルスの外部漏洩(ろうえい)を防ぐために空気の流れをコントロールする陰圧設備は設けられていないという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ