PR

ニュース プレミアム

【日本語メモ】数字単位「無量大数」の先は?

校閲部
校閲部

 「一、十、百、千、万、億、兆、京(けい)、垓(がい)、●(じょ)、穣(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正、載、極(ごく)、恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由他(なゆた)、不可思議、無量大数(むりょうたいすう)」

 息子(6歳)がまた歌っている。生まれて初めて覚えた言葉は「ボール」。丸いものに目がなく、保育園にあった宇宙図鑑の太陽系惑星とその衛星の名を全て記憶した彼は、学習塾で算数を習い始めると数字の単位に興味津々(0が多ければ多いほどかっこいい)。「兆の後は何?」と聞かれた私は垓までしか答えられず、動画投稿サイトで、歌いながら数字の単位を学ぶ映像を見つけ、見せたら立ち所に覚えてしまった。

 これらの単位は江戸時代の数学者、吉田光由(みつよし)が著した塵劫記(じんこうき)でインドと中国から渡来した呼称を整理したものが元になっている。古代インドで生まれた仏教とヒンドゥー教由来のものもあり、恒河沙はサンスクリット語で「ガンジス川(恒河)の無数の砂」、不可思議は仏の知恵はあまりにも深遠で人が議論するのは不可能という意味。

 無量大数は1の後に0がなんと68個も並ぶ。0の数に圧倒されながらも息子はご満悦だが、実はまだその先がある。仏教の経典「華厳経」は無量大数より大きな単位を定義している。

 阿伽羅(あから)、摩婆羅(まばら)、最妙、調伏(ちょうぶく)、不動、娑婆羅(しゃばら)、演説、無尽、無我、青蓮華(しょうれんげ)、無辺、無等、不可数、不可称、不可思、不可量などが列挙され、最終単位は不可説不可説転だ。

 宗教哲学的で6歳の子供にとってはあまりにも難解なものばかりだ。息子は保育園のなぞなぞ遊びで「空の上には何がある?」と問い、お友達が「雲かな?」と言うと「オゾン層だよ」と答え、国旗カードで世界の全ての国旗と国名を覚えて、保育士に「物知りですね!」と言わしめたが、これらの単位を呪文のように唱えだしたら、「物知り」を通り越して「変人」扱いされ、周りから浮いてしまうかもしれない。

 無量大数の先があることを教えるべきか否か思案のしどころなのである。(は)

●=のぎへんに予

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ