PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】設計図なし 5万ピース黙々と…日本唯一レゴ認定プロビルダーの実力度

 だが、制約はスパイスだ。「その分再現するものの特徴を強調するので、見る人が面白いと感じるのだと思います。あとはやっぱり、昔遊んだおもちゃでこんなものができるんだという驚き。みなさんのリアクションが一番のモチベーションです」

あふれる遊び心 

 レゴ認定プロビルダーになると、「レゴ(LEGO)」のブランドを背負って活動でき、欲しいブロックを直接レゴ社から買えるようになる。世界で活躍するプロビルダーには、レゴを現代アートに昇華させた人や、実物大の車など壮大な作品を作る人もいる。三井さんの作品の魅力はおそらく、何ともいえない愛らしさや親近感。理由は子供のころから変わらない「遊び心」にある。

 昨年まで大阪・梅田の阪急ブリックミュージアムに展示された、西宮神社(兵庫県西宮市)の恒例神事を再現した「西宮神社福男選び」という作品。開門と同時に団子状態でランナーが飛び出し、福男がゴールするまでが「ミニフィグ」と呼ばれるレゴの人形で表現されている。レゴで組み立てられた本殿や参道は極めて緻密だが、何よりも目を引くのは勢いあまって転倒したり木に激突したりしているあわてんぼうな人形たち。見ていて思わず笑みがこぼれる。

平成30年に制作した「西宮神社福男選び」。カーブを曲がり切れずに転倒する〝ランナー〟の姿も(本人提供)
平成30年に制作した「西宮神社福男選び」。カーブを曲がり切れずに転倒する〝ランナー〟の姿も(本人提供)
その他の写真を見る(3/5枚)

 「レゴで遊ぶときに人形は欠かせません。いつも最後に並べるんですが、一番楽しい瞬間です。画竜点睛(がりょうてんせい)ではないけれど、作品に生き生きしたものが宿る。人形を並べたいがために、何年もかけて船を作ったこともありますよ」

 昨年12月から展示されている熱気あふれる「阪神競馬場」も、観衆役の人形の多さが目を引く。「ざっくり千人以上はいます」。数百人とは思ったが千人も?

 「建物内の人形は1、2列目までしか見えませんが、実は各階5、6列ある。光を当てると奥の方までびっしり入っているのが分かりますよ」とにやり。子供のころ、ジオラマ作品をのぞき込んで、思ったより奥が再現されていないとがっかりした。「『どこまで見ても何かあるぞ』みたいな、無限の可能性を感じてもらいたいんです」

阪急三番街「ブリックミュージアム」に展示されている「阪神競馬場」。観衆の人形は千以上という=大阪市北区(前川純一郎撮影)
阪急三番街「ブリックミュージアム」に展示されている「阪神競馬場」。観衆の人形は千以上という=大阪市北区(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(4/5枚)

 数年前から制作の全工程を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。着想の背景にあるのは、幼少期の経験だ。

 兵庫県明石市の自宅マンションのベランダから、明石海峡大橋の建設を眺めて育った。「主塔が建ってロープが張られて、少しずつ形ができていくのが本当に面白かった。ものづくりは作る過程がコンテンツ。メーキング映像ありきです」

 こだわりは強いが、意外にも完成した作品への執着はない。手元に残しているのは、複雑な組み方が気に入っている10年前の作「ホワイトタイガー」くらいだ。「写真を撮ったら満足しちゃう。作ったものはばらして、組み方を変えてどんどん新しい作品に作り替える。それがレゴの理想の姿のように思うんです」

 「おもちゃ」という枠組みに収まらない芸術品を作りながらも、その本質は忘れない。アンバランスにも思える卓越した技術と童心が、レゴ作品に命を吹き込んでいる。

 「昨年作った『神奈川沖浪裏』のように、波とか炎とか、規則性があるようでない有機的なものにも今後トライしたい。どの一瞬を立体的に切り出すか、試されるところですね」

 次はどんな作品で驚かせてくれるのか。世界中のファンが完成を待っている。

【プロフィル】みつい・じゅんぺい 昭和62年、兵庫県明石市生まれ。東京大学理科一類に現役合格し、同大学院在学中の平成23年にレゴプロビルダーに認定。鉄鋼大手の新日本製鉄(現日本製鉄)を経て、27年に東京都内にレゴ作品制作会社「三井ブリックスタジオ」を設立。関西では阪急ブリックミュージアムで29年から作品を常設展示しているほか、子供向けワークショップも不定期開催している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ