PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】設計図なし 5万ピース黙々と…日本唯一レゴ認定プロビルダーの実力度

葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」をレゴで立体的に再現した三井さんの新作=大阪市北区(前川純一郎撮影)
葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」をレゴで立体的に再現した三井さんの新作=大阪市北区(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 小さなブロックを組み合わせて遊ぶ、デンマーク生まれのプラスチック製玩具「レゴ」。子供のおもちゃと侮るなかれ。世界にはこの遊びを極めた「プロ」とレゴ社が認めた大人が21人いる。日本で唯一の「レゴ認定プロビルダー」、三井淳平さん。複雑に繊細にブロックを組み合わせていく指先は魔法のよう。大阪・梅田の阪急三番街で、彼の作品に目を奪われた。 

(聞き手・社会部 田中佐和)

趣味を仕事に

 今にも船をのみ込まんと荒々しく立ち上がる大波。白く砕ける波しぶきは牙のような鋭さでこぎ手を威嚇する。レゴで360度立体的に再現されたのは、葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」の代表作「神奈川沖浪裏」。昨年12月に阪急三番街の展示エリア「阪急ブリックミュージアム」にお目見えした圧巻の新作だ。

 「例年阪急沿線の名所などを再現しますが、今回初めて自由枠で挑戦しました。浮世絵のメリハリのきいたトーンがレゴと組み合わせたら面白いと思って」

 元エンジニア。組み立てるのがレゴであっても、細部の構造にはちょっとうるさい。

 「北斎が切り取った瞬間の波をなるべく自然体で表現するために、波の論文を読んだり映像を何時間も見たりして研究しました」

 緻密に作られているようだが、実は彼の作品には設計図がない。5万ピースのこの新作も、あるのは手書きのスケッチ1枚。「設計図を書くとそれに縛られてしまう」。だから分業には向かない。1人で1ピースずつはめていく。それが三井さんのやり方だ。

「複雑な組み方が気に入って」手元に残している「ホワイトタイガー」を見せる三井さん=東京都世田谷区(寺河内美奈撮影)
「複雑な組み方が気に入って」手元に残している「ホワイトタイガー」を見せる三井さん=東京都世田谷区(寺河内美奈撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 子供のころから生活の中心はレゴだった。中学生で全長2メートルのロケットを制作。高校時代には等身大の「ドラえもん」、進学先の東京大では「東大レゴ部」を創設し、平成23年、大学院生時代にプロビルダーに認定された。趣味を仕事にすると決めたのは、鉄鋼メーカーに就職して3年がたったころ。会社公認の副業として企業から依頼されたレゴ制作を続けていたが、「レゴに全ての時間を使いたい」。迷いはなかった。

 27年にレゴ作品制作会社を設立。年間10~20作品を請け負う。自社製品やジオラマなど、起業以来、仕事の依頼は絶えないという。

 三井さんが思うレゴの魅力とは。

 「たとえば動植物や景色が持つ曲線はレゴにはありません。四角いブロックでそれを再現しようとすると、解像度がすごく下がった状態になるんです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ