PR

ニュース プレミアム

【志らくに読ませたい らく兵の浮世日記】キャサリン・ヘプバーンが演じた女性たちの魅力

立川らく兵
立川らく兵

 古典芸能である落語をやっているだけあって、映画はクラシックといわれるものが好きだ。近ごろ見たものだと、女優のキャサリン・ヘプバーン。20世紀のハリウッドを代表する大女優だ。

 キャサリン・ヘプバーンは落語の登場人物と重なるところが多い。いわゆる女性的な色気で人をひき付けるというより、男勝りな魅力がそう思わせるのかもしれない。

 落語にもいろんな女性が出てくる。商家のおかみさん、遊女、町娘、芸者、糊屋のばあさん。なかでも一番演じる機会が多いのは、長屋のおかみさんだろう。下町の庶民である八五郎、熊五郎が主人公であることが多いのだから、そのおかみさんがよく出てくるのは当たり前だ。落語の中身にもよるけど、だいたいこのおかみさんはどこか開き直っていて、亭主を怖がらせるくらい気が強くて、しょっちゅうケンカをしている。

 女優のキャサリン・ヘプバーンもそんな感じの役どころが多い。実際のヘプバーンも、勝ち気で自律した性格だったそうだ。もっとも大女優だからその上で気品や風格があるのだけど、サバサバして細かいことにこだわらない、サッパリした性格という感じだろうか。少なくとも作品の中ではそんな役が中心で、そのへんが江戸っ子のおかみさんと似ているのかもしれない。

 ヘプバーンの作品で好きなのは「若草物語」「アフリカの女王」「アダム氏とマダム」「旅情」「招かれざる客」「冬のライオン」「黄昏」「めぐり逢い」など。

 「若草物語」の主人公ジョーは若い頃のヘプバーンにピッタリの役だ。アメリカの南北戦争時代の四姉妹を描いた物語。なかでも次女のジョーはボーイッシュで、父親が戦争に出ている間、母親とともに家族を支えながら成長していく姿が描かれている。

 「アフリカの女王」はアフリカに布教に来た宣教師の妹役。第一次世界大戦の戦火に巻き込まれながらも、アフリカの女王号の船長ハンフリー・ボガートと恋に落ち、手を取り合って敵に立ち向かっていく。尻込みする男よりも強気なところはヘプバーンらしい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ