PR

ニュース プレミアム

本格貯蔵で熟成「蔵出しみかん」は有田の後に旬が来る

蔵で熟成される下津地域の特産「蔵出しみかん」=和歌山県海南市
蔵で熟成される下津地域の特産「蔵出しみかん」=和歌山県海南市
その他の写真を見る(1/2枚)

 ミカン生産量全国一の和歌山県には、「有田みかん」で有名な有田市周辺の有田地域以外にも、和歌山市に隣接する海南市の下津地域に約400年の歴史を誇る「蔵出しみかん」がある。温度や湿度が安定した貯蔵庫で1カ月以上貯蔵し、適度に水分を抜いてまろやかな味わいに仕上げる独自の技法で、一昨年には国の「日本農業遺産」にも認定された。今シーズンは新型コロナウイルスの影響で売り込みに苦労もあるが、「有田に続け」と販売戦略を強化。3月ごろまで出荷を続ける。(藤崎真生)

 海や山の豊かな自然に恵まれ、四季を通して温暖な気候の下津地域は、山間部が多く米作りには適さない一方、古くから傾斜地を利用したミカン栽培が盛んだった。

 ただ、収穫直後に出荷すれば、有田など他地域の有力ミカンに比べて酸味が強い。そこで先人たちが生み出した知恵が、全国的にも珍しい蔵出しみかんの手法だ。収穫したミカンを、あえて年明けまで1カ月以上、温度、湿度が一定した貯蔵庫で寝かせることで、まろやかな味に仕上げている。

 海南市によると、市内の農家は平成27年時点で1352軒。うち960軒がミカン栽培に携わっている。また、30~31年産の市内のミカンの出荷量は約2万5500トンだが、このうち大半を下津地域が占めているというデータもある。

 地元で受け継がれてきた蔵出しみかんの手法は高く評価され、平成31年2月には「下津蔵出しみかんシステム」として和歌山県で初めて国の日本農業遺産に認定。農林水産省は「みかんに関連した独特の文化を形成している」と高く評価した。

   ■   ■

 地元の「JAながみね」で下津柑橘(かんきつ)部会の副部会長も務める栽培農家、岡本芳樹さん(62)の木造2階建ての貯蔵庫を訪ねてみた。

 土壁造りで築約60年。電灯は照らしているが、薄暗い中、ずらりと天井近くまで箱が並ぶ。箱の中にぎっしり詰められているのが蔵出しみかんだ。室内は温度7度、湿度約85%。ここで寝かせると、酸味と甘さのバランスがとれた絶妙な味わいに仕上がるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ