PR

ニュース プレミアム

完全養殖に成功したヒゲソリダイ 新潟・柏崎の特産化めざせ 

養殖用水槽の中のヒゲソリダイ=新潟県柏崎市の海洋生物環境研究所実証試験場(本田賢一撮影)
養殖用水槽の中のヒゲソリダイ=新潟県柏崎市の海洋生物環境研究所実証試験場(本田賢一撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新潟県柏崎市内の漁協と研究所が養殖した高水温に強いおいしい魚ヒゲソリダイ約500匹が、13、14の両日、市内のスーパーで販売される。両者は3年前、国内で初めてこの魚の採卵から成魚飼育までの完全養殖に成功。出荷は昨年に続き2年連続となる。市は広くPRして特産品に育て、地域経済の活性化に一役買ってもらいたい考えだ。(本田賢一)

国内初の稚魚生産

 ヒゲソリダイはイサキ科の魚で、国内では本州、四国、九州沿岸など比較的温かい海に生息する。白身で甘みがあり、刺し身や煮魚、焼き魚、ムニエルなどいろいろな調理方法がある。

 完全養殖に成功したのは新潟漁協柏崎支部と海洋生物環境研究所。ヒゲソリダイはおいしいと評判だが、捕れる数が少なく、流通量が限られている。そんな魚を市場に安定供給できれば、特産品として地域の漁業と経済の活性化に役立つと考えた漁協や市が、市内に養殖の実証試験場を持つ同研究所に相談したのが始まりだ。

 同研究所は平成29年度、親魚から採卵し稚魚にする種苗生産に挑戦。卵や孵化(ふか)したばかりの稚魚は非常に繊細で、種苗生産は養殖の工程の中で最も難しいとされる。

 同研究所の主幹研究員、吉川貴志さんは「ヒゲソリダイの種苗生産は香川県がかつて挑戦したがうまくいかず、国内成功例はなかった。香川県から提供してもらった当時のデータを元に考えられるあらゆる手を打ち、挑戦1年目でなんとか国内で初めて成功した」と振り返る。

価格は天然マダイ級

 翌30年度、同研究所が稚魚を生産し、その一部を漁協が育てて成魚にする「完全養殖」が試験的にスタート。同漁協柏崎支部総代の柴野一志さんによると「魚は一般的に、水温が30度になると餌を食べなくなる。ところがヒゲソリダイは30度でも食欲旺盛に食べ、1年半で出荷できる大きさに育つ。地球温暖化にマッチした養殖魚」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ