PR

ニュース プレミアム

「ダム湖に浮かぶ駅」を湖面から眺めてみたら- 奥大井湖上駅“秘境ツアー”行ってみた

山中にある大井川鉄道井川線の奥大井湖上駅(中央)=静岡県川根本町(岡田浩明撮影)
山中にある大井川鉄道井川線の奥大井湖上駅(中央)=静岡県川根本町(岡田浩明撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 「湖に浮かぶ駅」や「秘境駅」として人気の観光スポット、大井川鉄道井川線の奥大井湖上駅(静岡県川根本町)。山深いダム湖「接岨湖(せっそこ)」をまたぐ鉄橋の中央部にあり、湖周辺の山々から眺めると、まるで湖上に浮かんでいるようにみえる。そんな名所を、湖面から見上げてみたらどんな景色が広がるのか-。新しい角度から絶景に迫るツアーに、ちょっとした“探検気分”で参加した。(岡田浩明)

 7日昼、快晴、標高およそ450メートル。奥大井湖上駅の1つ隣の「ひらんだ駅」近くにある、接岨湖の船着き場から出発した。定員12人の小さな船で、蛇行するような形の湖を約50分で周遊する。「今日はあいにくの強風で水しぶきがかかるかもしれませんが…」。乗船前、ツアーを企画した大井川鉄道の広報担当、山本豊福さんの一言にややひるんだが、エメラルドグリーンの湖面を揺られながら進む船旅も悪くはなかった。

 最初に見えてきたのが、旧井川線のトンネル跡や、針金のように細い線路跡だ。広さ2・3平方キロメートル、東京ディズニーランド4・5個分ある接岨湖は「長島ダム」建設で誕生した人工湖で、これに伴って旧井川線の一部が平成2年に廃線。4つの駅と沿線集落も水没し、現在の路線が新たに敷設された。廃線跡の一部は、ダム湖の水位が下がると見ることができる貴重な遺構なのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ