PR

ニュース プレミアム

赤字路線バスを救う「共同経営」 進む協調と不協和音

JR岡山駅前に乗り入れている路線バス=2月5日、岡山市北区
JR岡山駅前に乗り入れている路線バス=2月5日、岡山市北区
その他の写真を見る(1/2枚)

 赤字に苦しむ路線バス会社同士が提携し、ダイヤや運賃を調整して路線を維持する「共同経営」が地方都市で広がりつつある。昨年11月に施行された独占禁止法の特例を活用したもので、熊本市や前橋市では協議が進む。ただ、路線バスをめぐっては利害関係がからむ路線の調整が難しい面もあり、バス事業者と自治体との路線再編議論が中断したところもある。

新方式で赤字削減へ

 各地の市街地では、同時刻にバス停に複数バスが来て客を奪い合うなどしている地域もある。これを、会社間で路線を譲渡したり、1社に一本化したりするほか、一定の間隔で運行する「等間隔運行」ができるようダイヤ調整も行うのが「共同経営」だ。こうした行為は以前は独占禁止法に抵触する恐れがあったが、路線バス網維持を目指す特例法で可能になった。

 熊本市では、路線を持つ九州産交バス(熊本市)や熊本都市バス(同)など5社が、中心市街地と周辺の4区間で、重複運行している路線の整理を共同経営の枠組みで行う。2月下旬に国土交通省に認可申請を行い、4月の開始を目指している。

 5社の赤字は総計で年間30億円程度で推移。それに今年度は新型コロナウイルスに襲われた。バスの利用者数は激減し、毎月、前年の7割程度に落ち込む。こうした状況に、5社は共同経営することで令和5年度までの3カ年で総額9100万円の赤字削減を見込む。

 5社でつくる「共同経営準備室」の事務局を務める熊本都市バスによると、協議は目立った紛糾もなく進行した。もともと熊本都市バスは平成19年に他の3社が共同出資して設立され、旧熊本市営バスの路線を引き継いだといい、同社の担担当者は「昔から熊本市内では事業者同士で連携する土壌があった」と話す。

 前橋市でも、群馬中央バス(前橋市)や関越交通(群馬県渋川市)など6社が11路線での共同経営に乗り出した。市中心部を走る路線バスを等間隔運行するのが主眼で、今年7月にも国交省に申請、令和3年度の後半に計画を開始する。

 11路線では同時刻に複数のバスが発着したり、逆に30分の待ち時間が発生したりと、ちぐはぐな状況があった。共同経営では、午前10時~午後4時までのオフピークの時間帯で、等間隔に運行できるようダイヤを調整する。事務局の前橋市交通政策課では「利便性をあげ、収益を増やすのがねらい」と説明する。

協調難しい場面も

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ