PR

ニュース プレミアム

再起期す「しくじり先生」 元スーパー「やまと」社長 

 各地で体験談を話すと、個別相談会みたいになります。「破産したら女房に内緒の支出がばれる」なんて悩みも聞きますよ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で経営者は大変な思いをしています。「じたばたしないで、傷の浅いうちにやめたほうがいい」とアドバイスする人がいますが、私は「じたばたして、助けを求めよう。希望を持とう」と訴えています。

 「しくじり先生」の賞味期限はそろそろ切れます。次は成功談を語らなければなりません。応援してくれる人たちは、私がスーパーを復活させて、店頭で「いらっしゃい」と言えば喜ぶでしょうが、スーパー経営の選択肢はありません。

 別の形で、経済人として地元に恩返ししたいと思っています。「戦艦やまと」は沈みましたが、「宇宙戦艦やまと」として発進しますよ。

小林久(こばやし・ひさし)】 昭和37年11月、山梨県韮崎市生まれ。明治大卒。祖父が創業したスーパー「やまと」の社長に38歳で就任。県教育委員長も務めた。会社は平成29年に破産申請し、自身も自己破産した。著書に「続・こうして店は潰れた」。韮崎市内の自宅に妻(58)、長女(31)、次女(27)と4人暮らし。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ