PR

ニュース プレミアム

ロケ断った山梨、受けた静岡…ホラー映画「樹海村」あやかり合戦

山梨県が東映のホラー映画「樹海村」とコラボして作ったシネアドの一場面(県提供)
山梨県が東映のホラー映画「樹海村」とコラボして作ったシネアドの一場面(県提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 東映のホラー映画「樹海村」が5日に公開された。「自殺を助長する恐れがある」として青木ケ原樹海での撮影を不許可とした後、方針転換してコラボ戦略を決めた山梨県は首都圏でシネアド(映画館CM)を上映。一方、ロケ地が転がり込んできた静岡県裾野市は「こちらが樹海の本家」とばかりにPRし、「聖地巡礼」の観光客に期待している。(渡辺浩)

「生きる喜び体感」

 「樹海は素晴らしい生命の源。映画に抱き付いて、生命に対する思いを表現したい」と長崎幸太郎知事が表明していた山梨県。青木ケ原樹海のイメージアップを図るシネアドを作った。

 樹海村にユーチューバーのアキナ役で出演している女優の大谷凜香(りんか)さんが樹海を歩き、「日本には、ぜったいに行かなければいけない場所がある」「生きる喜びを体感できるパワースポット青木ケ原樹海」の字幕が浮かび上がる。

 「一度入ったら出られない」「怨念が集まっている」と樹海を描く映画の内容と正反対だ。東映は山梨県とのコラボを発表したプレスリリースで「本当の青木ケ原樹海はどっち?」と問い掛けた。

東映と調整の末

 樹海村は「呪怨」などで知られる清水崇監督による「恐怖の村」シリーズの第2弾。樹海での自殺は描かれていないが、死体は数多く映され、英語のタイトルは「スーサイド・フォレスト・ビレッジ」(自殺の森の村)だ。

 コラボの折衝にあたった山梨県のトンプソン智子参与は「県として映画の内容を肯定しているわけではないものの、表現の自由は当然尊重している」と強調。「東映と何度も調整し、両者が重なる部分を見いだすことができた」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ