PR

ニュース プレミアム

【時刻表は読み物です】列島駆けたキハ82 「サンロクトオ」から60年

大阪駅で出発を待つキハ82系、博多行き特急「まつかぜ」。誕生時は松江行きだったが、延長された=昭和52年
大阪駅で出発を待つキハ82系、博多行き特急「まつかぜ」。誕生時は松江行きだったが、延長された=昭和52年
その他の写真を見る(1/2枚)

 国鉄が全国に特急列車網を張り巡らせた昭和36年10月1日のダイヤ改正から、今年で60年を迎える。高度成長時代、好況による輸送需要の増加に対応すべく、それまで首都圏-九州、東北にしか走っていなかった特急が四国を除くほぼ全国に設定された。ただ、幹線でも非電化区間は多く残されており、特急網構築の立役者となったのが、この年に誕生した特急用気動車「キハ82系」だった。

 中央に編成の分割併合を可能にする貫通扉、左右に赤い「ひげ」が配された先頭車両前面のデザインは、これがディーゼル特急の顔として長く親しまれた。

 前年の35年、国鉄初の特急用気動車として前面がボンネット型の「キハ81系」が上野-青森の特急「はつかり」に投入されたが、故障が多く、その改良型が「キハ82系」。それでも新型ゆえのトラブルは多かった。ダイヤ改正に備え、向日町運転区(現JR西日本吹田総合車両所京都支所)では青森、宮崎、長崎などへ「キハ82系」の試運転を行ったが、「近畿地方の日本国有鉄道 大阪・天王寺・福知山鉄道管理局史」によると、試運転から戻ると、エンジンの半分が故障している状態で、関係者は連日徹夜で修理し、翌日の試運転に備えたという。

大阪発の白鳥は北陸線をたどり、直江津で青森行きと上野行きの編成が分かれた=国鉄監修時刻表昭和36年10月号(日本交通公社刊)から
大阪発の白鳥は北陸線をたどり、直江津で青森行きと上野行きの編成が分かれた=国鉄監修時刻表昭和36年10月号(日本交通公社刊)から
その他の写真を見る(2/2枚)

 「国鉄監修時刻表 昭和36年10月号」(日本交通公社=現JTBパブリッシング)の復刻版を開いてみよう。このダイヤ改正で特急は18本から52本に増。新特急で「キハ82系」を使用したのは「白鳥」(大阪-上野・青森)「おおぞら」(函館-旭川)「つばさ」(上野-秋田)「まつかぜ」(京都-松江)など。また「かもめ」(京都-長崎・宮崎)が客車から「キハ82系」に変わった。「白鳥」の北陸、信越線経由の大阪発上野行きなど、いまでは考えられない。

 時刻表の主要旅客列車編成を見ると、特急には必ず食堂車があり、本数は約3倍に増えたとはいえ、当時の特急は特別な存在だったことが分かる。さらに驚くべきは「キハ82系」の特徴を生かし、直江津で分割併合される「白鳥」の上野行きと青森行き、小倉で分かれる「かもめ」の長崎行き、宮崎行きのそれぞれの編成(6両)に食堂車がある。つまり「白鳥」は大阪と直江津の間、「かもめ」は京都と小倉の間は12両編成で、食堂車が2両連結という豪華な編成だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ