PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】DH制暫定導入に備えよ…緊急事態宣言延長なら可能性高まる

昨年のキャンプでファンサービスする矢野監督。今はDH制導入への備えも必要だ=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・甘利慈)
昨年のキャンプでファンサービスする矢野監督。今はDH制導入への備えも必要だ=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・甘利慈)

 虎の指名打者(DH)はサンズか、マルテか、それとも陽川!? 2月1日から始まる春季キャンプで、矢野阪神はDH制導入に向けた準備を整える必要があります。昨年12月14日のセ・リーグ理事会で巨人・山口寿一オーナー(63)から提出された今季のセ・リーグのDH制度暫定導入案は賛成1球団(巨人)VS反対5球団で否決、事実上の見送りになりました。普通に考えるなら今季のDH要員はセ・パ交流戦(18試合)のパ・リーグのホームゲームの際だけの限定起用ですが、果たしてリーグ内にある“DHの炎”は完全鎮火してますか。新型コロナウイルスの感染再拡大で2度目の緊急事態宣言が発令され、宣言期間(2月7日まで)の延長が論議される状況下、DH制に対する無防備は絶対アカン!ですね。

準備すべきポイント

 いよいよ2月1日、プロ野球12球団は一斉に春季キャンプをスタートさせますね。阪神は1軍が沖縄・宜野座、2軍が高知・安芸です。昨季はシーズン終了が遅く、監督、コーチや選手たちにとっては短いオフ期間だったと思います。そして新型コロナウイルスの感染再拡大で11都道府県に緊急事態宣言が発令されている中で迎える春季キャンプは、これまで誰も経験したことがない“超厳戒態勢”下でのキャンプです。

 親しい友人たちも「今年はキャンプに行けないわ」と嘆いています。沖縄も宮崎も無観客でのキャンプ。われわれ、報道陣もPCR検査での陰性証明がなければ取材パスは受け取れない。さらに現地でも定期的にPCR検査を受けることを義務付けられています。いつもに比べると面倒くさい?取材になりますね。それもチームやマスコミ関係者ら大量の人を受けいれる沖縄や宮崎の地元の方々への最低限の配慮だと思います。できる限りの感染対策を施し、準備してキャンプ地に入らなければなりませんね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ