PR

ニュース プレミアム

厨房機器買い取り相談相次ぐ 緊急事態再発令で青息吐息の夜の飲食店

「このままでは夜のコミュニティーというか文化がなくなってしまう」と話す「スナック玉ちゃん赤坂本店」のオーナー、玉袋筋太郎さん。自らカウンターに立つことも=東京都港区(松村信仁撮影)
「このままでは夜のコミュニティーというか文化がなくなってしまう」と話す「スナック玉ちゃん赤坂本店」のオーナー、玉袋筋太郎さん。自らカウンターに立つことも=東京都港区(松村信仁撮影)

 新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う緊急事態宣言の再発令で、スナックなどの夜間営業の飲食店が苦境にあえいでいる。東京都など多くの地域では午後8時までの時短営業を求められており、休業や廃業を決める店も。関係者の間からは、「いつまでこの状況に耐えなければいけなのか」といった悲痛な声が聞こえてくる。

玉袋さんスナック、売り上げ4割に

 オフィス街として知られる東京・赤坂には高級料亭から居酒屋、レストランまで約3000の飲食店が軒を連ねる。その一つで平成29年2月オープンの「スナック玉ちゃん赤坂本店」は漫才コンビ「浅草キッド」の玉袋筋太郎さんがオーナーを務める店として知られ、芸能関係者だけでなくビジネスマンも多く利用する。

 昨年は新型コロナ感染拡大による東京都の営業自粛要請を受け、3月31日から6月18日まで休業。その後、営業を再開したが、感染防止対策のため、カウンターやテーブルには透明なアクリル板を設置した。

 最大30人は入れる広さがあるが、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するため店内に入れる客数の上限も9人に制限。カラオケも中止にした結果、売上高はコロナ前の約4割に減った。店は緊急事態宣言再発令前日の1月7日から再び休業しており、玉袋さんは「悔しいけど今は我慢しかない」と話す。

 飲食店予約管理サービスのトレタ(東京都品川区)によると、1月18~24日の飲食店の予約率は関東で25・7%、関西で29・5%。とりわけオフィス街の多くで予約率が20%を切る状況になっているという。

 飲食店の危機は何も東京だけの話ではない。人口10万人当たりのスナック数が日本一とされる宮崎県でも最大の繁華街「ニシタチ」(宮崎市)。西橘通周辺には約1200軒の飲食店が集まっていたが、昨年6月の時点で既に150軒が倒産・廃業に追い込まれ、その数は今も増え続けている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ