PR

ニュース プレミアム

「励まし忘れない」 ロナルドと対面の少年、6年半後に高校サッカー日本一

(左)クリスティアノ・ロナルド選手と対面し、Tシャツにサインしてもらう岩岡遼太選手=平成26年7月22日、東京・銀座(右)山梨学院のメンバーとして全国高校サッカー選手権を制し、母校に凱旋した岩岡遼太選手=19日、甲府市酒折(渡辺浩撮影)
(左)クリスティアノ・ロナルド選手と対面し、Tシャツにサインしてもらう岩岡遼太選手=平成26年7月22日、東京・銀座(右)山梨学院のメンバーとして全国高校サッカー選手権を制し、母校に凱旋した岩岡遼太選手=19日、甲府市酒折(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 サッカー界のスーパースターでポルトガル代表のクリスティアノ・ロナルド選手(35)が平成26年7月に来日した際、たどたどしいポルトガル語で質問した少年がいた。ロナルド選手から「努力すれば夢は必ずかなう」と励まされた少年は6年半後の今月11日、埼玉スタジアムで優勝メダルを胸に下げていた。第99回全国高校サッカー選手権を制した山梨学院の岩岡遼太選手(18)だ。(渡辺浩)

「なぜ笑うの?」

 「メウ ソーニョ エ セール ジョガドール デ フチボウ」

 東京・銀座で開かれた健康美容器具メーカーのイベント。小学6年だった岩岡選手は、ロナルド選手に猛勉強したポルトガル語で「僕の夢はサッカー選手になることです」と話し掛けた。

 「OK。分かるよ」と英語で答えるロナルド選手。岩岡選手が「その夢を実現させるためには、どうすればいいですか?」とぎこちなく続けると、報道陣から笑い声が起きた。

 ロナルド選手は「どうして笑うんだい? 彼のポルトガル語はすごく上手だよ。一生懸命やってるのに」とたしなめた。

 そして岩岡選手に「常に夢を持って、努力を続けることが必要。自分の力を信じること。そして100%努力すること。そうすれば必ず夢はかなう」とアドバイスした。

助言を胸に努力

 岩岡選手は東京都八王子市生まれ。ロナルド選手と対面した後の中学時代はFC多摩ジュニアユースで活躍。平成30年に山梨学院に入学した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ