PR

ニュース プレミアム

都会に湧き出る天然温泉 大阪は千メートル掘れば40度

 新型コロナウイルス禍の中でも厳しい寒さが続き、温泉が恋しい季節だ。関西では有馬温泉(神戸市)や白浜温泉(和歌山県白浜町)が有名だが、大阪でも「天然温泉」の看板を掲げる施設が目立つ。実は、大阪市などの都市部でも温泉は湧き出ており、大阪府内の源泉数は近畿2府4県の中で和歌山、兵庫両県に次ぎ3番目に多い。意外な事実の背景を探った。(佐藤祐介)

ホテルチェーンも

 1月20日夕、大阪市港区のJR弁天町駅前。立ち並ぶ高層ビルの一角にある「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」を訪れた。

 「関西最大級の温泉型テーマパーク」を掲げ、平成31年2月にオープンした同施設は、地下約千メートルから天然温泉をくみ上げ、露天や炭酸、源泉など9種類の風呂を備える。

 主なターゲットは仕事帰りのビジネスマンだが、緊急事態宣言下で営業時間を通常より3時間早い午後8時までに短縮していることもあってか、利用客はまばら。「コロナ禍の前は外国人客も多かったが、めっきり減った」との声も聞かれた。

 温泉を売りにした宿泊施設も多い。スーパーホテル(大阪市)は府内10店舗中6店舗で温泉を提供。同市西区の店舗の地下約千メートルから温泉をくみ上げ、各店舗に配送する「運び湯」を行っている。府内7店舗に温泉があるホテル「ドーミーイン」も源泉を確保するとともに、近隣地域からの運び湯をしている。

地質に秘密

 コロナ禍でホテルや商業施設などの事業者が苦境にあえぐ以前、府内の温泉が急増した時期があった。

 環境省によると、10年度に105カ所だった府内の源泉数は、ピーク時の19年度には176カ所まで増加。その後はやや減り、30年度は155カ所だったが、近畿では全国区の温泉街を有する和歌山県(498カ所)と兵庫県(441カ所)に次ぐ。大都市との比較でも、愛知県を大きく上回り、長らく東京都をもしのぐほどだった。なぜ大阪で温泉が多いのか。秘密は地質にある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ