PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】お子さまの就職活動をサポートする上での注意点とは

オンラインで学生と面談する筆者
オンラインで学生と面談する筆者

 時代に合わせて就職活動も変化するため、就活生であるお子さまから就職活動の相談をされても困ってしまう保護者の方は多いのではないでしょうか。最近はウェブを活用した就職活動が当たり前となっていますが、以前は情報誌を使っての就職活動が当たり前でした。採用も厳選化が進み、採用のプロセスも複雑化しています。そのため、お子さまの就職活動に保護者はどう接すればよいのか悩む方も多いと思います。社会人になる第一歩として、本人に任せ一切関与しない、というのも一つの方法かもしれません。しかし、多くの就活生が保護者の関与があってよかったと感じたという結果も出ています。今回は、就活生が保護者に求めていることについてお伝えします。

金銭的・物質的援助

 就職活動にかかる費用を補助してくれたり、就職活動に必要なものを買ってくれたりといった、金銭面・物質面での目に見える形のサポートを求める就活生は非常に多いです。今年は新型コロナウイルス禍の就活でオンラインが増えることが予想されますので、費用が多少抑えられると思われますが、それでもアルバイトもできず金銭的に困っている学生も多いでしょう。

 就職活動にかかった費用では「交通費」を挙げる就活生が非常に多く、新幹線代や飛行機代、夜行バス代など遠方への交通費の負担を軽減してくれた保護者への感謝を述べるケースが多くあります。また、物質的な援助は、スーツやバッグなどの就活グッズ、食事代など就職活動を進める上で必要なものに対し援助してくれることに感謝する就活生が多いようです。

気遣いや態度

 就職活動が大変なことは、就活生が一番感じていることです。保護者の協力はありがたいものの、あまりに干渉が過ぎるとプレッシャーになってしまいます。また、考えや選択を否定されることで自信ややる気を失ってしまうことも多いです。就職活動がうまくいかない時も、そっと見守ってくれたり、受ける会社について否定せずに肯定してあげたりすることが安心や自信につながるようです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ