PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】事件化された「客待ち」スポット 摘発された女たち

リニューアル前の泉の広場=平成31年3月、大阪市北区
リニューアル前の泉の広場=平成31年3月、大阪市北区

 大阪で定番の待ち合わせスポットとして長年親しまれてきた梅田地下街の「泉の広場」。多くの人に利用される一方、周辺の住民や飲食店関係者が悩まされてきたのは、売春相手を探して立ち続ける「立ちんぼ」と呼ばれる女性たちの存在だった。これまで摘発は難しいとされてきたが、大阪府警が約1年がかりで61人の立ちんぼの現行犯逮捕に踏み切った。捜査員らの「何とか風紀を正したい」という執念が結実した形だ。(木下未希)

売春認定難しく

 泉の広場の中央に設置された円形の噴水を囲うようにしながら、相手を待つ人たち。その中に、長時間ひたすら立ち続ける女がいた。通行人を目で追い、目が合うとにこりとほほ笑みかける。

 少し離れた場所から様子を見ていた男が、女に近づいて話しかけた。「立ってんの?」。女がうなずくと、そのまま値段交渉に話が進む。やがて、2人は近くのラブホテルへ向かった。

 府警によると、泉の広場では少なくとも15年前からこうした立ちんぼが多数いたという。ただ、声をかけられるまで待ち続けるだけという独自の客待ちスタイルゆえ、「売春婦」と認定するのが難しく、捜査員らは手をこまねいていた。

 そうした中、府警は令和元年から2年にかけて、売春防止法違反容疑で、立ちんぼをしていた当時17~64歳の女計61人を現行犯逮捕。摘発の決め手となったのは同法の解釈だった。

客待ちは処罰対象

 従来売春婦の取り締まりに適用されていたのは、同法5条1号。処罰対象について、「公衆の目にふれるような方法で人を売春の相手方となるように勧誘すること」と規定している。売春婦が言葉で誘ったり、腕を引っ張る、もしくは体をすり寄せるなどの行為がこれに当たる。

 しかし、立ちんぼの多くは自分から声をかけるなど行動を起こすことはなく、捜査員が存在を確認したとしても、摘発できないケースが多かった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ