PR

ニュース プレミアム

スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都圏や関西圏などに政府の緊急事態宣言が発令され、営業時間短縮などで苦境に立たされる外食産業で、回転ずしチェーンの健闘が目立っている。テークアウトでの巣ごもり需要に加え、コロナ禍前から進めていた非接触化、省人化への対応が奏功。業界2強のスシローグローバルホールディングス(GHD)とくら寿司を中心に、閉店した居酒屋跡などに出店を加速させる動きも出ている。(田村慶子)

スシロー売上高過去最高

 スシローGHDの令和2年9月期連結決算は、売上高が前期比2・9%増の2049億円と過去最高を更新。チェーン店の地力をみるうえでの指標となる既存店売上高は、前回の緊急事態宣言が発令された2年4月に前年同月比でほぼ半減したもののその後回復し、10月は4・3%増とコロナ禍前の水準を上回った。

 くら寿司の2年10月期連結決算は米国事業の不振で2億円の最終赤字(前期は37億円の黒字)だったが、国内売上高は前期比0・5%増の1231億円と過去最高を更新。既存店売上高も10月は前年同月比26・1%増、11月は34・4%増と好調だった。

 日本フードサービス協会(東京)は自粛明けに行きたい外食として「ごちそう感覚を手軽に楽しめる回転ずしの需要が高まっている」と指摘する。料理がレーンで運ばれてくるなどもともと店員らとの接触機会が少なく、近年は省人化のためセルフレジや自動案内機を導入し、非接触化を進めていたことが有利に働いたとみられる。

 また「在宅勤務などテレワークが増えて自宅近くの飲食店へ行く機会が増え、(都心部の飲食店から)回転ずしに人が流れた面もある」ことも後押しした。

「完全非接触」を拡大

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ