PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」菅野美穂「自分が演じるとこうもコメディーに」

ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する女優の菅野美穂(三尾郁恵撮影)
ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に出演する女優の菅野美穂(三尾郁恵撮影)

 実に4年ぶりにドラマの世界に帰ってきた。演じるのは、オタクの一人娘を持つ母親で、恋愛小説家の水無瀬碧(みなせ・あおい)。脚本は「ビューティフルライフ」「半分、青い。」などで知られる北川悦吏子だ。北川作品への出演は初めてとなる。

 「北川さんの世界観はいつもと同じ。でも自分が演じると、こうもコメディーに寄っちゃうのかなって。全然ラブストーリーの雰囲気にならなくて」

 こう話して笑う。視聴者として数々の北川作品を見てきたが、「これまで(出演作品としては)縁がなくて、もうないんだろうなと。北川さんはラブストーリーの女王ですが、私はラブストーリーの感じの年齢でもなくなっていたし」と、今回の“初タッグ”を手放しで喜ぶ。

 演じるシングルマザーの碧については「反応が早い人。娘の好きなことも共有し、若者言葉も知ってる。メークもバッチリで、それができるって元気があるなと思う」と分析。「私は自分にそこまで気合や時間をかけられない。もうちょっと先でそういうのができるといいな」と話すが、「何かをしようとして、夢中になって面白くなってしまうのは似ているかも」と共通点も見いだしている。

 娘の空役の浜辺美波とは初共演。「演じれば演じるほど、親子愛も強まる」と話す。浜辺を評し、「もう、すごくしっかりされていて。気持ちをぶつけ合うシーンなどでも刺激を受けます。私は経験が増えてきましたが、気持ちが大事なんだなと、浜辺さんの目を見てて思います」と打ち明ける。「浜辺さんは取材の“千本ノック”とかにも慣れていて。私はこんなにしっかりしてなかったと思います」と笑う。撮影が進むにつれ、「親子でアイスの取り合いをするシーンとか、お芝居からはみ出たところでの呼吸がよくなってきた」と喜ぶ。

 久々のドラマ現場は、新型コロナウイルス禍で、以前とは様変わりした。「お弁当も一緒に食べられないし、差し入れもできない。スタッフさんもマスク姿なので顔を覚えられなくて」と戸惑いもあるが、「撮影できることが幸せ」ときっぱり。「北川さんならではのすてきなせりふでの掛け合いと、間違いのない恋愛要素。そこにホームドラマのニュアンスも加わって、水曜10時枠でどういうふうにドラマに昇華されるのか楽しみです」と、久々の主演ドラマに自ら期待を寄せた。(兼松康)

 かんの・みほ 昭和52年生まれ。埼玉県出身。平成5年に女優デビュー。8年のドラマ「イグアナの娘」(テレビ朝日)で初主演を果たした。12年のドラマ「愛をください」(フジテレビ)では、主演とともに「蓮井朱夏(はすい・しゅか)」名義で出したCD「ZOO~愛をください~」が大ヒットした。25年に俳優の堺雅人と結婚。今春には、主演映画「明日の食卓」の公開が予定されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ