PR

ニュース プレミアム

【御朱印巡り】アニメ人気で地域活性化 山梨・身延 常幸院

御朱印は本尊の千手観音の文字と、山号になっている金の龍の印が押されている(渡辺浩撮影)
御朱印は本尊の千手観音の文字と、山号になっている金の龍の印が押されている(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 山梨県身延町の旧下部(しもべ)町にあり、南北朝時代の正平7(1352)年に開かれた曹洞宗の寺院。「南無千手観音」としたためられたシンプルな御朱印だが、「聖地巡礼」で授かりに来る人が増えている。

 巡礼といっても、お寺が目的ではない。女子高校生のアウトドア体験を描き、テレビアニメ化された漫画「ゆるキャン△」で、主人公たちが通う「本栖高校」のモデルとなった旧下部中(平成28年閉校)が隣の丘の上にあり、ファンの若者たちがアニメの舞台を見に来るようになったのだ。

 深山光信(ふかやま・こうしん)住職(44)は「ゆるキャン△って何だ?」とアニメを見て共感したという。高校時代に友人と静岡県・伊豆半島や長野県・軽井沢に自転車でキャンプに出掛けた日々がよみがえってきた。

 「せっかく遠くから来るのだから」と、寺の駐車場を自由に使ってもらうことにした。ブームを地域おこしのきっかけにしようと、一昨年4月に地元有志で協議会をつくり、会長に就任した。

 ファンたちは当初、JR身延線甲斐常葉(ときわ)駅から「本栖高校」までの「通学路」をスマートフォンのナビを見ながら歩いていたという。協議会は「上を向いて歩こう」と、「本栖高校300m」などと書かれた本格的な案内標識を設置。周辺の地図も配った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ