PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】「逆求人」を活用し就活を有利に進めよう

オンラインで学生と面談する筆者
オンラインで学生と面談する筆者

 「早期に内定を獲得したい」-。特に新型コロナウイルス禍で不安を抱える就活生の多くは、このような気持ちではないでしょうか。早期に内定を獲得できる方法があるのかご存じない方もいるかもしれませんが、実は早期に内定を獲得できる方法があるのです。以下に早期選考の一例をご紹介します。

1、外資系企業

 外資系企業はそもそもスケジュールや選考ステップが日系企業と大きく異なります。多くの場合、選考の一部にインターンシップが含まれているため、夏や冬に開催されるインターンシップの評価が内定に直結することが多いです。

2、インターンシップ優遇ルート

 インターンシップ参加者への選考優遇対応を行うことを指します。主に日系大手企業に多い形態で、インターンシップ参加者は選考ステップの一部免除や、早期の面接などの優遇を経て早期の内定を目指すことができます。

3、即採用ルート

 選考ステップを省略し、早期に内定を出すことを指します。就活サイトの合同セミナーを活用したり、さまざまな就活サービスを利用したりして内定を出すことがあります。主にベンチャー企業や中小企業などに多い形態で、選考直結イベントや即最終面接などを通して採用活動が行われています。

 これらは従来実施されていた例になりますが、最近は通年採用やインターンシップの段階から学生を囲い込む動きが増えており、「逆求人」を採用する企業が増加しています。逆求人は、人材を欲しがっている企業が就活生にダイレクトにコンタクトする仕組みです。逆求人は、新卒採用やインターンシップ募集などにも使われる新型の求人方法として、近年、就活生・企業ともに利用数を伸ばしているサービスのため、このようなサービスがあることを知らない学生は多いのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ