PR

ニュース プレミアム

増え続ける処理水 設置進む最後のタンク 東電福島第1原発

敷地内に並ぶ処理水を保管するタンク=東電福島第1原発(芹沢伸生撮影)
敷地内に並ぶ処理水を保管するタンク=東電福島第1原発(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(1/11枚)

 来年3月、事故発生から10年を迎える東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)では、増え続ける汚染水の処理水が124万立方メートルに達している。政府はトリチウムを含む処理水の処分方法を検討しているが結論は出ていない。令和4年夏には保管するタンクが満杯になり、処分の準備に2年程度をかかることを考えると、判断は待ったなしだ。計画している最後のタンクの増設工事も今月中に終わる。廃炉作業と並行して汚染水対策に追われる現場を見た。(芹沢伸生)

汚染水と処理水

 福島第1原発には11月19日現在、処理水を保管するタンクが1052基並ぶ。膨大な量の処理水は、放射性物質に触れて汚染された水を浄化したものだ。

 壊れた原子炉には溶け落ちて固まった燃料(燃料デブリ)が残っており水を循環させ冷やし続けている。冷却に使った水は燃料デブリに触れ汚染水になる。

 一方、原発の敷地には地下水が流れ込み、雨も降り注ぐ。地下水や雨水は、壊れた原子炉建屋に地下や屋根などから入り、放射性物質を含んだ水と混ざって汚染水になる。

 汚染水の発生量は1日平均約130立方メートル。地下水などが原子炉建屋に入り込む状況について「詳しいことは分かっていない」(広報担当者)という。

ALPS内部

 汚染水には放射性物質を取り除く浄化処理が施される。汚染水はセシウム吸着装置や淡水化装置などを経て、多核種除去設備(ALPS)に送られる。62種類の放射性物質を定められた基準以下に取り除くことができるというALPS内部に入った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ