PR

ニュース プレミアム

【日本語メモ】「潜水艦」なピッチャー?

校閲部
校閲部

 校閲部で働くようになって数年。日々、新しい言葉と「対面」し、勉強の日々です。

 私が運動面の校閲を担当したある日のこと。

 プロ野球の記事で「サブマリンの〇〇は……」という一文がありました。(〇〇は投手名)。

 はて……「サブマリン」?

 調べました。

 「サブマリン」とは「サブマリン投法」のことでした。はて……サブマリン投法?

 別名アンダースロー。

 アンダースローは、野球における投手の投法の一つ。野球で、腕を下から振り下げて球を投げる投げ方。下手投げとも呼ばれています。投手がボールをリリースする体勢(身体が沈む)、またはボールが下から上に上がってくることから、潜水艦(submarine)になぞらえてサブマリン投法とも呼ばれる、とのことです。

 「アンダースロー」という呼称は和製英語(わせいえいご)であり、英語ではsubmarineと呼ぶのが一般的だそうです。

 ほうほう、そうなのか。

 さて、では、和製英語とはそもそもなんでしょうか。

 「和製」は、日本で作られたこと。また、そのもの。

 「和製英語」は、日本で、英語の単語をもとに、英語らしく作った語。英語以外の欧米語まで含めていう場合は、「和製外来語」「和製洋語」などという。英語圏では別表現をするために理解されなかったり、全く別物に解釈されたり、良くない形で誤解されてしまったりする場合がある。

 へええ。

 野球にうとく、「ブルペン」や「マウンド」がどこのことかも校閲のお仕事を始めてから知ったのですが、こうした私にとっては「斬新」な言葉との出合いもあるので、校閲のお仕事を興味深く感じています。(と)

 (参考文献 三省堂『大辞林』第四版)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ