PR

ニュース プレミアム

元上司「改竄は佐川氏の判断」の波紋 元近財職員自殺訴訟

 政治家の関与はない、佐川さんの判断だ-。学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書改竄(かいざん)問題で、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん=当時(54)=の妻、雅子さん(49)が、国と財務省の元理財局長、佐川宣寿(のぶひさ)氏に計約1億1260万円の賠償を求めた訴訟。10月の第2回口頭弁論で、本省から改竄の指示を受けたとされる元上司の音声データが提出され、迫真性のある証言は関係者に衝撃を与えた。「問題はどこにあったのか」。今後の国の出方に注目が集まる。(桑村朋)

「赤木ファイル」なぜ出せない?

 「赤木さんは涙を流しながら抵抗していた。本省(財務省)に僕自身も抵抗はしていたんですけれども、止めきれなかった」

 「なんか変な口ごもった話になったら申し訳ないですけど、もちろん(改竄の)判断は佐川さんの判断です」

 赤木さんの元上司と雅子さんが昨年3月、面会した際の会話を録音した音声データの一端だ。雅子さん側が今年10月、大阪地裁での第2回口頭弁論で提出し、証拠採用に向けて協議されている。元上司は森友学園との交渉を担当するなど最前線にいた人物だ。

 元上司の証言では、赤木さんは本省から改竄を指示された経緯をファイルに残していた。雅子さんはこの「赤木ファイル」の提出を国側に要求。だが国側はこれまで、改竄内容や経緯にほぼ争いがないために「回答の必要がない」として、存在の有無を明らかにしていない。

政治家の関与は…

 「森友学園の小学校の名誉校長だった安倍昭恵氏が、『安倍晋三からです』と100万円を学園側に寄付した」

 「安倍夫妻が財務省側に値引きを働きかけた」

 問題発覚以降、野党側が安倍前首相や妻、昭恵氏らの関与を疑い、連日国会で追及の火花を散らした。前首相は「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」と答弁しており、元上司は雅子さんにこう語っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ