PR

ニュース プレミアム

【動画】新潟県警、白バイ運転競技で全国優勝 44年ぶりVと交通安全への思い

藤木巡査長(左)と大島巡査部長の実演走行=新潟県聖籠町の県警交通機動隊庁舎前(本田賢一撮影)
藤木巡査長(左)と大島巡査部長の実演走行=新潟県聖籠町の県警交通機動隊庁舎前(本田賢一撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 全国の精鋭白バイ隊員が運転技術を競う大会で、新潟県警が44年ぶりに個人と団体で“ダブル優勝”を果たした。全国の頂点に立った藤木雄也巡査長(30)と大島諒(りょう)巡査部長(26)に日本一の運転技術を見せてもらうとともに、交通安全にかける思いを聞いた。(本田賢一)

選ばれし精鋭

 新潟県聖籠(せいろう)町にある県警交通機動隊の庁舎前。オレンジ色のコーンや凹凸がついた細い板などを並べた仮設の実演コースがつくられていた。

 「後ろ、よし!」。後方確認の甲高い声が響くと、2人のバイクは一気に加速し、コーンが置かれた曲線コースに突入してくる。バイクをぎりぎりまで傾けて一気にコーナーを回ると、体制を立て直し、細い板の上をスムーズに走り抜けていく。

 「白バイを高度な技術で安全に運転するには、バランス力と感覚が重要。下半身を使ってバイクをコントロールし、ブレーキとアクセルなどの判断力も求められる」と交通機動隊の井上雅彦副隊長は説明する。

 優勝した2人は4年前、県警の白バイ隊員の中から特別訓練員に選ばれ、全国白バイ安全運転競技大会での優勝を目標に、訓練を行ってきた。

 訓練期間中は交通取り締まりの業務から離れ、運転技術を磨くことだけに専念する。訓練は猛暑の日も極寒の日も、朝早くから始まり、日が暮れるまで行われる。「地味な訓練を繰り返し、できないところは何回でもやるので、心が折れそうになるときもあった」と藤木氏は振り返る。

 全国大会で勝ち抜くには、技術6割、メンタルの強さ4割という。「大会に出るのは初めてだったため、過去の大会の映像を見ながら自分が走る姿を想像してイメージトレーニングした」(藤木氏)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ