PR

ニュース プレミアム

【橘ジュンの人生相談】夫に借金癖 どうすれば

イラスト・千葉真
イラスト・千葉真

相談

 2人の子を持つ会社員女性。数年前、夫がキャバクラ遊びで作った数百万円の借金が発覚。夫の母に借金の一部を出してもらい、残りは私たちが生活費から返済。また借金したら離婚すると伝えていました。

 ところが最近、夫宛てに督促状のようなものが届きました。夫の部屋から出てきた通帳に記帳してみると、ごく最近まで借り入れと返済が繰り返されていました。なぜ夫は平然としていられるのか。理解できない。その一方で、また悪びれない態度を取られると思うと、問いただす気にもなりません。

 借金を知らんぷりして過ごすのは苦しく、子供もいて今の自宅にも住み続けたいので離婚は避けたいです。子供の頃から堅実に暮らしてきた私にとって、借金は許せないこと。どんな手を打てばいいのでしょうか。

回答

 声をありがとうございます。

 その後、進展はありましたか。なぜまた借金を? なぜ平然としていられるの? との不信感があなたの頭の中でグルグルと回っていることでしょう。

 お子さんもいて、今の家に住み続けたい、離婚は避けたいとのことですが、それはきっと、これからも夫婦として力を合わせてやっていきたいと思っているからではないでしょうか。そのためにはどうすればいいか、解決策を見つけていきたいですね。

 最終的に夫の借金癖をなくすことを目指すのがいいと思いますが、そのためにはまず、何のための借金だったのかを知ることが必要です。夫に理由を聞きましょう。

 問いただす気にもならないほどあきれてしまっているのに、理由を知ることでさらに夫への信頼が崩れてしまうのではと考えるお気持ちも分かります。でも、これはあなたにとっても「自分事」です。心情的には厳しいと思いますが、避けて過ごせることではないと考えます。

 夫と話す際、間に第三者に入ってもらうことをおすすめします。お互いの両親も入れて話し合うのがいいかもしれません。家族が状況を理解することで、みんなでサポートがしやすくなりますし、家族が気を配ることで夫を取り巻く状況も変わり、再びの借金防止にもつながります。

 確認の順番としては借金の理由、次に額と借入先でしょうか。返済計画を立てることも大事です。借金の理由が何か困っていることだったら、解決策も相談しながら。そして、計画ができたら、今後は妻であるあなたが家計の管理をする方がいいですね。夫が正直に状況を話し、あなたの提案を素直に受け入れることができて、2人の状況が良くなりますようにと願っています。

回答者

橘ジュン 昭和46年生まれ。NPO法人「BOND プロジェクト」代表。街頭パトロールやメールなどで少女たちの悩みを聞き、支援している。厚生労働省「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」構成員。主な著書に「最下層女子校生 無関心社会の罪」(小学館新書)。

相談をお寄せください

 住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、相談内容を詳しく書いて、〒100-8078 産経新聞「人生相談 あすへのヒント」係まで。

 〈メール〉life@sankei.co.jp

 〈FAX〉03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ