PR

ニュース プレミアム

【原坂一郎の子育て相談】ひどいかんしゃくを起こす息子

 5歳の息子のかんしゃくが3歳のころからひどく困っています。スーパーへ行くとあれがほしいと手を強く引っ張って連れて行こうとし、買わないと言うと辺り構わず大声で泣き叫ぶので店中に響き渡ります。それが嫌でよく買い与えていましたが、きりがないのでやめました。普段から言うことをあまりきかず、昨日は散歩しようと歩き始めると、「車がいい」と泣き叫び、お店では今日も私の手を引き、ほしいものの方へ行くので手を払いのけると大声で泣き叫び大変でした。言葉のしゃべり始めが遅く、何か影響しているでしょうか? 穏やかなときは、私の服を褒めてくれたり、優しくありがとうと言ってくれたり、別人のようになります。病院にも行きましたが、解決には至りませんでした。

 子供は元来わがままで自己中心的ですが、そこまで我(が)を通し、店中に響くほど泣きわめくのであれば、おちおち買い物もできないですよね。

 お子さんは、希望を伝えるときに大騒ぎするのでなく、その希望がかなえられないとき、要求を否定されたときにそうなるのですね。否定言葉に敏感なようなので、例えば「あれがほしい」「買って」と言ってきたときも、いきなり「ダメ」「買わない」などと言わず、「どれ? あ、これがほしいの、ふーん」などと、彼の主張を否定しない言葉を最初にかけるようにすると、反応も違ってくると思います。行く前の落ち着いているときに、ほしいものがあっても買えないことなどを優しく伝え、それができたときは大げさに褒め、できなかったときは、あなたの残念さを伝えましょう。

 落ち着いているときは優しい息子さんのようですから、彼の気分がいいときに、普段あなたが「してほしいと思っていること」を具体的な場面を添えて、小出しで伝えておくようにしてください。

 言葉が遅かったそうですが、発達上の気になる何かが他にあるときは、病院ではなく行政機関などの相談所に行くこともお勧めします。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ