PR

ニュース プレミアム

ノーベル文学賞で「詩」復権? 日本の文芸出版「盲点」も露呈

今年のノーベル文学賞に輝いた米詩人、ルイーズ・グリュック氏(ロイター)
今年のノーベル文学賞に輝いた米詩人、ルイーズ・グリュック氏(ロイター)

 今年のノーベル文学賞に米の女性詩人、ルイーズ・グリュックさん(77)が選ばれたことが、日本の文芸書出版の盲点を改めて浮き彫りにしている。グリュックさんは米国内で権威ある文学賞を受けてきたベテラン詩人だが、単著の邦訳はなく日本ではほぼ無名の存在だったからだ。古代ギリシャ以来の長い伝統を誇る詩は西洋諸国では今でも文学の王道だが、翻訳出版には厚くて高い壁が立ちはだかる。    (文化部 海老沢類)

書店には“有力候補”がずらり

 「集められるものを集めて売り場を作りました。受賞者の作品を並べるのが理想だったのですが…」

 そう漏らすのは六本木蔦屋書店(東京都港区)の文芸書担当書だ。同店は今月2日から20日まで「ノーベル文学賞のゆくえ」と題したフェアを企画。8日の文学賞発表後は受賞作家の邦訳書を中心にした売り場づくりを想定していた。ところが受賞者のグリュックさんの作品は、アメリカ現代詩の選集や雑誌にごく一部が邦訳されているだけ。結果、〈有力候補とされていた、他の作家の作品をご紹介します〉という文言を掲げ、賞を逃した村上春樹さんやカナダの女性作家、マーガレット・アトウッドさんらの本を並べる苦肉の策をとらざるを得なかった。

 受賞決定を受け、雑誌「現代詩手帖」を発行する思潮社(東京)はグリュックさんの選詩集の邦訳出版に向けた準備を始めた。

実体験を「普遍」に

 日本でこそ知名度は低いが、グリュックさんは半世紀を超す創作歴があり米の文壇での評価は高い。10代から患った拒食症や離婚といった自伝的な素材をもとに内面の孤独や失望を見つめた詩が多く、『ワイルド・アイリス』(1992年)でピュリツァー賞を受賞。『忠実で高潔な夜』(2014年)は米国を代表する全米図書賞にも輝いた。芸術分野での活躍が認められ、16年にはオバマ前大統領から表彰を受けている。

 「故郷へ帰還したときの心情を古代ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』に重ねたり…と神話に託して語ることで、自分だけの経験を普遍的なものへと巧みに昇華させる。そぎ落とした言葉で語る点で(米で最高の女性詩人といわれた)エミリー・ディキンスンに連なる存在といえる」。上智大の飯野友幸教授(アメリカ文学)はそう指摘した上で、「どの詩も英語は平明だが内容は深い。もっと広く翻訳紹介されていい」と話す。

詩は翻訳で失われる?

 紹介が進まない要因の一つに、詩の読者の少なさがある。出版科学研究所によると、昨年国内で出版された文学作品の新刊は約1万3000点だった。このうち詩歌の新刊は1200点弱で、文学全体の1割にも満たない。「詩はかなりの文芸好きでないと手に取らないジャンル。有名な書き手でないと商業出版は厳しく、自費出版となる例も多い」(出版関係者)のが実情だ。海外の詩も厳しさは変わらない。近年の出版不況下で翻訳出版される外国文学自体が減少傾向にあり、昨年は1300点余りだった。そのうち詩集は30点にも届かない。

 韻文特有の翻訳の難しさも、出版の「壁」となっている。

 「米の詩人ロバート・フロストに『詩とは翻訳で失われるもののことである』という有名な言葉がある」と話すのは、ロシア文学者で東大名誉教授の沼野充義さんだ。「つまり原語の響きやリズム、押韻、微妙な言い回しといった良さを翻訳で伝えるのは難しいということ。大枠に物語がある小説とは違い、詩の翻訳は単に意味だけを伝える短い説明のようになってしまう恐れが常にある」

 1996年にノーベル文学賞を受けたポーランドの女性詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカさん(1923~2012年)は平易な言葉で叙情的な恋愛詩も書いていたが、邦訳が進んだのはやはり受賞の「後」だった。ただ、ふたを開けてみれば、沼野さんが訳したシンボルスカさんの詩集『終わりと始まり』(未知谷、平成9年刊)は現在7刷と長く読まれている。

優れた詩人、世界中に

 小説は「新しい、新奇な」を意味する「ノベル」とも呼ばれるように、現在のような形式が確立したのは近代に入ってからだ。対して、古代ギリシャのホメロスやサッフォーらの時代から続く西洋の詩の歴史は長く、詩人に寄せられる敬意も深い。

 「日本では小説こそ文学の花形というイメージがあるが、小説は18世紀以降、市民社会の成立とともに盛んになった『近代の産物』です。西洋では、詩こそが文学の根源的なジャンルであり今も王道。ノーベル文学賞もまた詩への評価が高い」と沼野さん。その上で「文学の懐は深く、世界には知られざる優れた詩人がいっぱいる。通常の部数での出版が難しくても、簡素な小冊子のような作りにして、読みたい人には着実に届く出版方法を試みてもいいのでは」と提案する。

 実際、欧米では詩の「短さ」を逆手に、詩人同士が互いに作品を翻訳し合うこともあると聞く。また、慶応大の巽孝之教授(アメリカ文学)によれば、近年は熱心な日本研究者の手によって、吉増剛造さんや野村喜和夫さんらの詩集の英訳出版も進んでいるという。

 「初期のノーベル賞もタゴール(インド)やイエーツ(アイルランド)、エリオット(英)といった詩人の受賞が多かった」と、巽さんはノーベル賞の歴史を振り返りつつ、こんな見方を示す。

 「昨今は村上春樹さんの人気で、みんなが小説(散文)に期待しすぎている面がある。優秀な日本研究者による日本の詩人の英訳が進んでいる現在、むしろ考えなければいけないのは吉増剛造さんら日本詩人のノーベル賞の可能性ではないでしょうか」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ