PR

ニュース プレミアム

【通崎好みつれづれ】「キンカラカワシ」の再発見

通崎さん所有の金唐革紙の爪掛付き下駄(渡辺恭晃撮影)
通崎さん所有の金唐革紙の爪掛付き下駄(渡辺恭晃撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大正から昭和初期の着物と帯を約600点コレクションしている。自分で着るために集めたので、おのずと半襟や帯締めなど小物類も蒐集(しゅうしゅう)することになる。ある時、履物類を数えてみると100足近くあり、さすがにびっくりした。

 その多くは、骨董市で買い求めたもの。市では、通ううちに顔なじみができ「なんかええもん、ありましたか」があいさつ代わりとなる。20年近く前のこと。私が骨董の先輩に、入手したての爪掛(つまがけ)付き塗りの下駄を見せると「キンカラカワシのツマガケ付きか、珍しいなぁ」と言われた。

 爪皮(つまかわ)、向掛けともいう爪掛は、雨水や泥はねを防ぐため、あるいは防寒用に下駄の爪先に取り付ける覆い。珍しくてきれいなものだな、と思って入手したのだが、「キンカラカワシ」については知識がなかった。

 それ以降、特に調べることもなかったのだが、先日東京でふらっと立ち寄った「紙の博物館」(北区王子)で、金唐革紙(キンカラカワシ)の企画展を見ることになった。

 金唐革とは、主にヨーロッパで王侯貴族の城館や邸宅の壁、天井に用いられていた模様が押された皮。江戸時代初期、オランダの交易船で日本にもたらされると、舶来の珍品として、小さく裁断され袋物や刀の鞘などに用いられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ