PR

ニュース プレミアム

【国際情勢分析】「自由」か「政府介入」か マスク論争が映す米の現在地

 世界最多の死者を出している米国の新型コロナウイルス対応は、ついにトランプ大統領本人とその家族、ホワイトハウスで働く側近たちの「集団感染」をもたらした。そんな折、11月3日の大統領選に向けた副大統領候補討論会の論戦を取材し、「Ski at your own risk.」というフレーズを思い出した。「スキーをするなら自己責任で」というほどの意味だ。

 今は休刊となったスキー専門誌のコラムで知った言い回しで、概略、以下のような文脈で紹介されていた。

 《スキー上級者がゲレンデのコースを外れて自然のままの雪山を滑りたいと思っても日本では必ず「立ち入り禁止」の看板が立っている。ところが、欧米のスキー場で、そういった場面で目にするのは、Ski at your own risk.という警告表示だ》

 《危険を冒してでも滑るのか、安全を重視して控えるのか、ゲレンデや雪山の管理者は日本と違いスキーヤーの自由な意思を尊重する。滑るなら、命を落とすかもしれない危険を理解した上で、「自己責任でどうぞ」というわけだ。そこには、スキーヤーを大人として扱い、信頼する姿勢が表れている》

「自由」派の共和党、国民は不満

 こんな話を思い出したのは、10月7日に副大統領候補の討論会が行われたのが、2002年冬季五輪が開催された米西部ユタ州ソルトレークシティーだったからだろうか。

 ユタ大学の講堂で開催された討論会で、新型コロナ危機への対応を批判された共和党のペンス副大統領が「民主党は『マスク着用を義務化しろ』というが、われわれは国民を信頼している」と民主党のハリス上院議員に反論する場面があった。

 ペンス氏の主張には、新型コロナの感染拡大を防ぐマスクの効果を理解しつつも、着用するかしないかは国民の自由な意思に任せるべき選択であり、政府が介入して義務化する話ではない-という共和党の考え方がよく表れていた。トランプ政権と共和党が、事実上の国民皆保険を目指すオバマ前政権の医療保険制度改革法(オバマケア)に反対してきたのも、同様の考えに基づいている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ