PR

ニュース プレミアム

【原坂一郎の子育て相談】月曜日になるとお腹を壊す

 小学1年生の息子は月曜日になるとおなかを壊します。朝は元気に出るのに給食を吐いてしまうようで、保健室でお世話になります。学童に迎えに行くと布団で寝ていて、その日の夕飯は食べられません。火~金曜日は普通に過ごしています。本人に聞くと給食で食べたくないものを友達が食べた方がいいと言うので無理して食べたら吐いたと言います。保育園の頃からそうでしたが、最近ひどくなったように思います。毎週月曜日が気がかりで、先生にも迷惑をかけるし、吐くことで友人にいじめられないかと心配です。ご助言お願いします。

 会社員でも月曜日の朝、急に体調がすぐれなくなる人がよくいます。息子さんも学校がイヤで、月曜の朝にそうなるのではと思いましたが、保育園時代からなのですね。ならば、その「月曜病」は学校とか関係なく、もしかすると団体生活というものが苦手でそうなるのかもしれません。

 私は、彼は優しいウソがつける子供で、月曜日の朝、元気に登校するのも、吐く理由をそういうことにするのも、親を心配させたくないからのように思えてなりません。

 息子さんは性格もきっと優しく、普段からいろんな我慢をしているような気がします。学童も、1年生には滞在時間が長く、意地悪な上級生がいたりすることもあり、彼にとってイヤなことが結構起こっているはずです。そんな話はしていませんか?

 とにかく月曜日だけおなかを壊すのは、胃腸に病変があったりするのではなく、何か精神的なものが原因だと思います。

 とりあえず、息子さんのさまざまな気持ちや本当の思いをなんとかうまく聞き出してください。彼は優しいだけに「本当のことを言えば心配させる」などと思うかもしれないので、彼に負けない優しさで対応してくださいね。もしかしたら心の内をすべて話すだけで様子が変わってくるかもしれませんよ。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ