PR

ニュース プレミアム

無敗3冠への道“最終章” 牡牝ダブル達成なるか

その他の写真を見る(1/3枚)

 日本中央競馬会(JRA)の秋季GI戦線は秋華賞が18日、菊花賞が25日に京都競馬場で行われ、無敗のまま2冠を達成した牡牝の3歳馬がそろって3冠に挑む。秋華賞は4戦4勝のデアリングタクトが史上初となる「無敗の牝馬3冠」に挑戦。菊花賞では6戦6勝のコントレイルが父ディープインパクト以来15年ぶり3頭目となる「無敗のクラシック3冠」を狙う。「無敗3冠馬」の同時誕生なら、歴史に名を刻む偉業だけに注目が集まる。

(運動部 佐竹修仁)

父の伝説 受け継ぐ-コントレイル

 父ディープインパクトが2005年に成し遂げて以来15年ぶり、初の親子での無敗3冠達成はゆるぎないといっていい。前哨戦となる神戸新聞杯は、その強さを改めて見せつける圧巻の勝利だった。道中は徹底したマークにあったが、直線で一瞬のスペースをみつけると、あとは一気に加速。後続に2馬身差をつけて連勝を6に伸ばした。福永祐一騎手は「余力を持って勝つことができたのが何より」と中3週で迎える“本番”を見据える。

 2冠までの道のりは一戦ごとに成長を感じさせるものだった。昨年12月のホープフルステークスでGI馬に仲間入りすると、皐月賞は最大のライバルとされた2歳GI馬サリオスを直線で差し切り、1/2馬身差の勝利。ダービーでは楽に抜け出すと余力を残して2着サリオスに3馬身と差を広げた。それでも、矢作芳人調教師は「まだ遊んでいる感じ」と底知れぬ実力を感じている。

 ディープインパクト最大の特徴、一気の追い込みに、米国2歳女王の血を引く母ロードクロサイトの資質が加わり、トップになりうる器に大きく育った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ