PR

ニュース プレミアム

「山口組ハロウィーン」禁止条例が引いた正邪の境界線

山口組のハロウィーン行事の中止などを訴えた「暴力団追放パレード」=平成30年、神戸市灘区
山口組のハロウィーン行事の中止などを訴えた「暴力団追放パレード」=平成30年、神戸市灘区
その他の写真を見る(1/2枚)

 対立団体との抗争が絶えない国内最大勢力の特定抗争指定暴力団山口組。そんな血なまぐさい組のイメージとは何ともちぐはぐな“地域行事”が存在する。それがこの時期の定番となったハロウィーンと、年末年始の餅つき大会だ。特に子供にお菓子を配るハロウィーンは近年、約1千人を集めるなど当局も看過できない規模に発展。兵庫県警は10月県議会で、これを禁止する改正暴力団排除条例を成立させた。全国初となった条例改正の背景には、反社会的勢力への入り口が曖昧化しつつあることへの危機感があった。

“地域貢献”の装いのもと…

 高級住宅街としても知られる神戸市灘区に総本部を置く山口組。毎年ハロウィーンの時期になると、仮装した子供が本部を訪れ、組員からお菓子をもらう光景がおなじみとなっていた。年末年始の餅つき大会もそう。組員の手による、つきたての餅が参加者に振る舞われるのだ。近隣の70代の男性は「少し離れた地域から小さな子供を連れて来る人が多かったようだ」と話す。

 近年、日本でもすっかり市民権を得た感のあるハロウィーン。山口組によるこのイベントの開催を、県警が初めて確認したのは平成25年のことだ。

 山口組が分裂した27年と、県公安委員会により事務所の使用制限がかかった昨年は中止となったが、参加者は増加傾向にあり、最後に行われた30年には約1千人が本部を訪れる一大行事に成長していた。

 「イベントは地域住民を手なずける懐柔策に他ならない」と眉をひそめるのはある県警幹部。住民から事務所の立ち退きを求める訴訟を起こされたり、暴力団追放運動を大々的に展開されたりすれば、組側にとっては大きなデメリットになる。お菓子や餅の配布は、こうした暴排運動の心理的契機を摘み、または歯止めをかける最初の布石となる。

未成年との接点

 こうした問題意識はもちろん当初からあったが、ここに来て県警がハロウィーン断固阻止にかじを切ったのは、昨年11月のある事件がきっかけだった。

 同県加古川市の農道で車が放火された事件では、行方不明になっていた所有者の男性が、京都府内の山中で遺体で発見された。男性は神戸山口組系組幹部との金銭トラブルの末に殺害されたが、この事件に関与して逮捕された12人のうち実に9人が少年だったのだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ