PR

ニュース プレミアム

京都銀が洛外進出で「出城」展開 関西地銀は戦国時代に

 今後の実績次第では正式店舗への昇格を見据えており、西村氏は「人口や企業の集積する兵庫県南部など空白地にさらに『出城』を展開することも検討したい」と意気込む。

「長~いお付き合い」背景

 もともと京都銀行は昭和16年、京都府北部の4銀行が合併し、福知山市に本店を構えた「丹和銀行」が起源。京都銀行に改称し、28年に京都市へ本店を移した京都では「後発銀行」でもある。

 その後、いまや京都を代表する大企業になった京セラや日本電産、任天堂、オムロンなどが規模が小さいころから融資や出資で関係を構築。「掘っ立て小屋の時から知っている」(京都銀OB)というほど、有名なテレビCMさながらに「長いお付き合い」を続け、各社とともに成長してきた。

 これらの企業の株式を現在も多く保有しており、他行がうらやむ資産となっている。この安定した経営基盤を背景に、エリア外への進出を活発化させている。

 隣接する滋賀県に初めて進出した平成12年の草津支店を皮切りに、大阪や兵庫など近畿のほか、愛知まで出店。27年度からは「預金量10兆円、200店舗」を目標に掲げている。草津出店当時に115店だった店舗網は現在は174店まで拡大した。

「つぶし合い」に警戒

 一方、迎え撃つ側の地銀各行は、低金利で収益が悪化したことを受け、店舗網の見直しを迫られている。

 滋賀銀行は昨年11月、約130の店舗網を4分の3程度に集約すると発表。関西みらい銀行も、同じりそなグループのりそな、みなと両行との店舗共同化を急ぐ。南都銀行(奈良県)も店舗網縮小を進めている。

 地銀を取り巻く環境が厳しいだけに、関西地銀関係者は京都銀行の侵攻を「つぶし合いになる」と批判する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ