PR

ニュース プレミアム

「ベランピング」も人気 好調アウトドア用品の注目度

公園やベランダでも楽しめる簡易テント「ポップアップサンシェード」=大阪市北区
公園やベランダでも楽しめる簡易テント「ポップアップサンシェード」=大阪市北区
その他の写真を見る(1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、注目を集めている娯楽がアウトドアだ。自然に囲まれた開放的な空間なら、感染リスクとなる「3密」を避けやすくなる。グランフロント大阪(大阪市北区)のアウトドア用品売り場4店舗で注目商品(価格はすべて税込み)を聞いた。(田村慶子)

自宅ベランダでも

 「チャムス グランフロント大阪店」で人気を集めるのは、簡易テントとして使える「ポップアップサンシェード」。2人用(6380円)、3人用(8580円)と小型で、「公園でのピクニックや海辺で使うのにぴったり」と山口聡美店長は話す。

 専用バッグから取り出し、ぱっと開くだけで設置できる手軽さが子育て世帯や若い女性に受けている。外出自粛が続く中、自宅のベランダでキャンプ気分を味わう「ベランピング」も注目され、小型テントへの問い合わせが増えているという。

高速で水を沸かす

 「モンベル うめきた店」では、キャンプを始めようと調理器具「ジェットボイル」シリーズを買い求める客が多い。なかでも人気は同シリーズ「ミニモ」(2万1450円)だ。

 熱効率が高い設計で500ミリリットルの水を2分20秒と高速で沸かす一方、とろ火などの火加減も自在。カップの口を従来品より約1・2倍広げて高さも低くし、「煮込み料理も作りやすい」と谷口正行店長は説明する。

物を詰めても着ぶくれなし

 9月11日に新規出店した「マーモット大阪」では今年売り出した「ホライズンジャケット」(5万5千円)が人気とみる。一見、普通のジャケットだが、その収納力が注目だ。2層になった内側にたばこやライター、携帯電話などが入れられる大中小のポケットがふんだんにあり、面ファスナーで着脱可能な小銭入れもある。それだけの物を詰めても着ぶくれせず、おしゃれに着こなせる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ