PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(659)天皇陛下、農業従事者気遣われ 即位後初の親任式で首相ご任命

第202臨時国会の開会式でお言葉を述べられる天皇陛下=17日午後、国会(松本健吾撮影)
第202臨時国会の開会式でお言葉を述べられる天皇陛下=17日午後、国会(松本健吾撮影)
その他の写真を見る(1/12枚)

 天皇陛下は15日、皇居内の生物学研究所脇の水田で、稲刈りをされた。

 陛下が種もみまきから一連の行事に携わられたのは、今年が初めて。作業を終えた陛下は宮内庁を通じ、「我が国の農耕文化の中心である稲作への思いをより深めることができました」との感想を文書で寄せられた。また、豪雨被害や新型コロナウイルスの感染拡大下で、「農業に従事されている皆さんの御苦労もいかばかりかと思います」と気遣われた。

 陛下は16日、皇居で即位後初めてとなる新首相の親任式に臨み、菅義偉(すが・よしひで)氏を首相に任命された。続く新閣僚らの認証官任命式では「重任ご苦労に思います」とそれぞれに声をかけられた。

 17日には国会議事堂(東京都千代田区)の参院本会議場で行われた臨時国会の開会式に臨まれた。

 秋篠宮妃紀子さまは11日、54歳の誕生日を迎えられた。紀子さまは、宮内記者会からの質問に文書で回答を寄せ、この1年を振り返って昨年10月の即位礼正殿(せいでん)の儀や、同11月の祝賀御列(おんれつ)の儀などの行事で「多くの皆さまから寄せられたお祝いの気持ちに感銘を受けました」とつづられた。

 宮内庁は11日、宮邸で沖縄に関する本を読まれる秋篠宮ご夫妻を撮影した写真を公開した。ご夫妻は昨年12月、「全国育樹祭」で沖縄に足を運ばれている。

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは16日、東京都中央区の日本橋三越本店で、「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞された。眞子さまが祭祀(さいし)や儀式以外の公的な活動で、お住まいの宮邸がある赤坂御用地の外に出られるのは1月以来約8カ月ぶり。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ