PR

ニュース プレミアム

福島の複合災害 語り継ぐ 東日本大震災・原子力災害伝承館オープンへ

防護服や除染土などを入れるフレコンバッグなども展示されている=福島県双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館(芹沢伸生撮影)
防護服や除染土などを入れるフレコンバッグなども展示されている=福島県双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(3/3枚)

 館内の展示や解説について、小林孝副館長は「原子力災害については、いろいろな立場の人がいて複雑だと思う」としたうえで「極力、事実だけを伝え(説明する際は)自分の思いは入れないようにしたい。来館者には展示を見て考えをまとめてもらえれば。提示した材料から避難が大変だったことや、故郷に戻れなくなったことなどが分かると思う」としている。

 伝承館の開館時間は午前9時~午後5時。毎週火曜日と12月29日~1月3日は休館。入館料は大人600円、小中高生300円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ