PR

ニュース プレミアム

次なる目標は海外勢参加とギャラリー フジサンケイクラシックで見えた課題

 8月の全米プロ選手権から帰国後、2週間の自主隔離を経験した選手会副会長の石川は「結構きつい。ショットの練習ができず、全米プロのときよりスイングが悪くなった」と影響の大きさを指摘する。その上で「選手にも、ファンにも、スポンサーにとってもいい形の落としどころを探っている。これだったらという方法を探っていくのが大事」。ゴルフツアーの本来の姿を取り戻すため、選手会役員を中心としたプロゴルファーたちには、コース外での奮闘も求められるシーズンとなりそうだ。(運動部 奥村信哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ