PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(658)両陛下、身近な自然親しまれ 悠仁さま、経験積まれ14歳に

散策中、秋篠宮さまから写真撮影の手ほどきを受けられる長男の悠仁さま=8月10日、赤坂御用地(宮内庁提供)
散策中、秋篠宮さまから写真撮影の手ほどきを受けられる長男の悠仁さま=8月10日、赤坂御用地(宮内庁提供)
その他の写真を見る(1/8枚)

 天皇、皇后両陛下は今週、お住まいの赤坂御所で長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともに静かに過ごされた。赤坂御用地内で昆虫採集をしたり、愛子さまが育てられた夏野菜を味わったりするなど、身近な自然に親しまれたという。

 宮内庁は10日、両陛下が台風10号の被害に心を痛め、犠牲者に哀悼の意を示すとともに、遺族や被災者に対して見舞いの気持ちを持たれていると明らかにした。

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまは6日、14歳の誕生日を迎えられた。宮内庁は同日、赤坂御用地内を散策される秋篠宮さまと悠仁さまの写真を公開。散策中には、秋篠宮さまがご自身の一眼レフカメラを使い、構図やシャッタースピード、絞りなどについて悠仁さまに指導されたという。

 お茶の水女子大付属中学校2年に進級した悠仁さまは、ご家族の公的なご活動にも同席し、皇族としての経験を重ねられている。

 夏休みには、感染症に関する専門家からの説明の場にもご同席。コロナ禍の文化・芸術活動への影響などについて8月、ご一家にオンラインで説明した東京芸術大の澤和樹学長によると、悠仁さまはご自身の中学校では通常に近い授業が再開している一方、対面授業の再開が難しい芸術系大学の状況について質問されたという。澤学長は「お若いながらも国民の現状を知り、痛みを分かち合うという姿勢を身に付けられている」と印象を述べた。

 悠仁さまは例年、誕生日のあいさつで、両陛下や上皇ご夫妻のお住まいを訪問していたが、今年はコロナ禍のため見送られた。

 秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまは7日、赤坂東邸で、新たに赴任する駐ペルー大使夫妻と接見された。眞子さまは昨年7月、日本人移住120周年を迎えたペルーとボリビアをご訪問。日系人との交流やペルー大統領への表敬訪問などに臨まれていた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ