PR

ニュース プレミアム

羨望から憎しみへ…ミルクボーイの先輩はネットストーカーに変貌した

ミルクボーイの駒場孝さん=東京・渋谷のヨシモト∞ホール
ミルクボーイの駒場孝さん=東京・渋谷のヨシモト∞ホール

 華やかな芸能界で躍動していたのは中学時代の後輩だった。人気お笑いコンビ「ミルクボーイ」の駒場孝さん(34)をSNSで脅迫したとして強要未遂罪に問われた東京都の無職男(36)の公判が今夏、大阪地裁で開かれた。一方的な要求や暴言は約1カ月半で100回以上に及び、駒場さんは「不快で恐ろしかった」。祝福と羨望、そして抑えられぬ憎悪。いつしか男は「ネットストーカー」に変貌していた。(杉侑里香、土屋宏剛)

ブロックされても

 「会いたい」「返信しろよ」「おまえのこと殺す」「無視するんじゃねえ」「《ハサミの画像》」

 7月30日の初公判。検察官が淡々と読み上げる投稿内容を、被告人席に座った小柄な男は、うつむきがちに聞いていた。

 中学時代、剣道部で駒場さんの先輩だった男。ただ、卒業後は、一度も連絡を取ることはなかった。

 昨年12月末。若手漫才師ナンバーワンを決める「M-1グランプリ」で、ミルクボーイが優勝を果たした。この直後、男は駒場さんのインスタグラムを通じ、祝福のメッセージを送った。

 古い知り合いからの突然の連絡だったが、駒場さんは律義に返信した。だが男はそれにとどまらず、「会いたい」「連絡がほしい」などのメッセージを繰り返し送信した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ