PR

ニュース プレミアム

鉄道駅で味わえる厳選ひんやりドリンクとかき氷

深みあるお茶の香り

 南海難波駅(同市中央区)の「南海パーラー」。おすすめは、かき氷「抹茶」と「ほうじ茶」(ともに750円)だ。1人では食べきれないほどのボリューム。堺市内に本店を構える老舗「つぼ市製茶本舗」の抹茶とほうじ茶を使い、アイスクリーム、あんこ、わらび餅が添えられている。深みのあるお茶の香りと甘さが口いっぱいに広がる。定番の「ミルク」(750円)もある。

 南海パーラーの創業は昭和31年。店はリニューアルされているが、落ち着いた内装の店内では時間の流れを忘れてしまう。調理担当の矢田直也さんは「かき氷は幅広い年代から支持をいただく夏の定番。難波でのお買い物帰りなどに、ぜひ食べてみてほしい」と話す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ