PR

ニュース プレミアム

【時刻表は読み物です】河童だらけの海水浴列車 昭和のスキー列車は強行軍

トロッコ列車「奥出雲おろち号」が到着した三井野原駅。周辺にはスキー場が広がる
トロッコ列車「奥出雲おろち号」が到着した三井野原駅。周辺にはスキー場が広がる
その他の写真を見る(1/3枚)

 自家用車の普及が、まだ進んでいなかったころ、海や山でのレジャーを楽しむ人々の足は国鉄だった。昭和40~50年代の時刻表を見ると、海水浴場やスキー場に向かう臨時列車が数多く掲載されていた。そして、そのネーミングは個性的なものだった。

 当時、7月から8月にかけて全国各地を走っていたのが海水浴列車。関西から日本海側へ向かう臨時急行は「但馬ビーチ」「丹後ビーチ」「はしだてビーチ」など、ビーチという言葉をつけて雰囲気を出していた。名古屋から若狭方面へは急行「エメラルド」とハイカラな感じ。関東の房総半島を走る外房線、内房線ではJR移行直後までの毎夏、海水浴客をさばくために「夏ダイヤ」が導入され、「白い砂」「青い海」というおしゃれな愛称の臨時快速が設定されていた。

 そんな中、異彩を放つネーミングの列車が東北に存在した。泳ぎが得意とされる「かっぱ」だ。「国鉄監修 交通公社の時刻表1974年7月号」の羽越本線のページを開いてみよう。あちこちに「かっぱ」が走っている。

 山形と日本海側の象潟(きさかた=秋田)を結んだのは臨時急行「きさかたかっぱ」。山形を早朝の5時25分に出発し、奥羽線、陸羽西線、羽越線を経由して象潟には9時9分に着く。帰りは象潟発17時10分で山形には20時56分。早起きして、日帰りで海を楽しんだ子供たちはクタクタになって列車に乗っていたことだろう。

 同じ日本海側の鼠ケ関(ねずがせき=山形)発着の臨時急行は「ねずがせきかっぱ」。ほかにも「かっぱ」と名付けられた米沢(山形)発の普通列車もある。さらに五能線を見ると、東能代と岩館(ともに秋田)を結ぶ「快速かっぱ」、弘前から深浦(ともに青森)へ向かう普通列車「かっぱ」も存在。もう東北の夏列車はかっぱだらけである。かっぱといえば、民俗学者、柳田國男の「遠野物語」で知られる遠野(岩手)が有名。東北の人たちはかっぱに親しみがあるのだろうか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ