PR

ニュース プレミアム

入場料収入7分の1、コロナ禍でプロ野球の来季展望は視界不良

上限5千人ながら観客が解禁された初日の甲子園球場。制限緩和のめどは立っていない=7月10日、兵庫県西宮市(松永渉平撮影)
上限5千人ながら観客が解禁された初日の甲子園球場。制限緩和のめどは立っていない=7月10日、兵庫県西宮市(松永渉平撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大のため3カ月遅れで開幕したプロ野球は各チームとも50試合前後を終え、シーズンの折り返し点に近づきつつある。だが、感染の再拡大を受けて観客はいまだに上限5千人に制限され、満員のスタジアムで試合を開催できる見通しは立っていない。この状況が続けば、球団の入場料収入は7分の1にとどまるとの試算もある。コロナ不況で早期・希望退職を実施した企業が相次いでいるように、減収の打撃を受けた球団がシーズンオフに大なたをふるう可能性も秘めている。 (上阪正人)

制限緩和見通せず

 今季、3月20日の開幕が予定されていたプロ野球。だがコロナ禍の影響が広がる中で開幕は次々と延期され、最終的には6月19日で落ち着いた。ただ日程が過密となることから、セ、パ交流戦やオールスターゲームの開催は断念。各球団の試合数を143から120に削減して行われることになった。

 開幕当初は無観客試合だったが、政府の指針に沿う形で7月10日からは5千人を上限に観客の受け入れを開始。8月1日からは上限を収容人員の50%に引き上げる予定だったが、そこに感染再拡大が水を差した。

 政府は7月22日、8月1日からの制限緩和を同月末まで先送りすると発表。その後、9月以降も上限5千人の制限を継続する方向で調整が進められている。新規感染者の発生は高い水準が続いており、緩和がいつになるか見通せない状況だ。

 昨季、主催試合の観客動員数が12球団トップの309万人だった阪神タイガースの場合、このまま今季終了まで上限5千人が続くと入場料収入は十数億円に落ち込み、例年の7分の1になるという。

放映権料から入場料へ

 実は、プロ野球の球団経営のあり方は近年、大きく様変わりした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ